底地人と転貸借人が同一な場合

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

底地人と転貸借人が同一な場合 -2014/09/01-

【前提条件】

  • ・底地人:父、借地人:娘、転貸借人:父
  • ・娘⇒父へ通常の地代を底地地代として支払
  • ・父⇒娘へ相当の地代を借地権地代として支払
  • ・通常の権利金の支払いあり

このような状況において父の相続が発生した場合、当該借地権部分の評価はどのようになるのでしょうか。底地人と娘の所有ではありませんが当該土地の上に家屋が建っていることから、娘の借地権は存在しており、かつ、父から娘に対して相当の地代を支払っていることから、底地部分を父の相続財産に計上すればよいのでしょうか。

【取扱い】

昭和60年6月5日課資2-58(例規)直評9の個別通達の適用は、相当の地代を支払っている場合には、転貸借地権についても同様に判断するべきと考えられます。よって、この場合には、底地部分を父の相続財産に計上すればよいと考えられます。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306