スタッフ紹介|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

スタッフ紹介/事務所

横浜事務所副代表
公認会計士試験合格者 (公認会計士協会準会員)

2012年
税理士法人チェスター
公認会計士試験合格者 (公認会計士協会準会員)
地主・農家の相続に強い。特に土地評価の経験が豊富で、相続税の各種土地評価に精通。また相続税の延納・物納や還付も得意とする。
神奈川県
好きなスポーツ観戦:サッカーとバスケットボール
お客様に誠実に対応し、専門性の高い仕事ができるよう心掛けています。お客様に「チェスターにお願いして良かった。」と思ってもらえるよう頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

1. 複数の土地をもつ大地主様の相続税申告

約20か所の土地を所有、遺産総額20億円を超える相続税申告を行う。各土地の評価減を行うために小規模宅地等の特例を適用することはもちろん、広大地評価や補正、評価がさらに下がるよう一番最適な土地分割を提案、大幅に評価を下げることに成功。

2. 減額が見込めない土地の大幅な減額に成功

土地を5箇所持つ方の相続税申告を行う。どの土地も節税するために必須である小規模宅地等の特例を適用できなかったが、広大地評価適用の判定を下し50%の大幅な節税をした。

3. 時価の高い土地の相続税をほぼゼロにして申告

父が被相続人となり、配偶者とお子様2人の相続を行う。相続した土地の時価が高かったが特例適用や評価、さらに分筆や贈与を使った節税に成功。相続人の相続税の支払いはほぼゼロに。

「土地評価に関する権利と特定」
「小規模宅地等の特例適用の要件と事例 2015年最新版」
「借地権の沿革と定義からみる実務への活用法」
「相続専門の税理士が絶対に知っておくべき相続税・相続法」 」
『相続発生後でも間に合う 土地評価減テクニック』 2016年 中央経済社
「雑種地の相続税評価の方法」 2015年
「雑種地を相続したら最初に学ぶべきこと。定義と判定方法。」 2015年
「市街化区域内の雑種地と市街地調整区域内の雑種地」 2015年
「市街化区域内にある雑種地の評価方法」 2015年
「市街化調整区域内にある雑種地の評価方法」 2015年
「路線価地域にある雑種地の評価方法」 2015年
「倍率地域にある雑種地の評価方法」 2015年
「雑種地の評価単位」 2015年
≪ スタッフ紹介一覧へ戻る
今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145