スタッフ紹介|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

スタッフ紹介/事務所

シニアスタッフ
シニアライフマネージャー1級

2005年
都内会計事務所
2012年
税理士法人チェスター
シニアライフマネージャー1級
豊富な相続税実務経験があります。高度税務(借地権・組織再編等)や難解事案についても対応できます。
新潟県
旅行、食べ歩き
ご親族がお亡くなりなるということは誰しもが体験されるものですが、一生のうちに何度も相続が発生するものではございません。多くのお客様が初めての経験に不安を抱えていることと思いますし、ご家族様ごと一つとして同じ相続はございませんが、これまでの経験や知識を基に、相続に関する不安を解消いただけるようにサポートさせて頂きます。

1. 10億円以上の遺産の相続税申告

複数の金融機関に数十口座を所有し、10億円以上の遺産の相続税申告を行う。被相続人だけではなく配偶者や家族名義の金融資産を含めて口座間の移動や各相続人の固有財産の洗い出しを、生前贈与の成立の有無等の確認を行い名義財産の申告漏れに配慮しつつ、各相続人の固有財産と認められるものについては相続財産から除外し相続財産の圧縮に成功

2. 企業創業者の遺産を相続税申告

相続人に非居住者がおり、土地を数十箇所、上場株式等の有価証券を100銘柄以上の多数所有し、非上場会社の企業創業者の申告に際し、二次相続における節税まで考慮した分割にもとづき相続税の申告を行う

3. 時価と乖離する土地評価を大幅減額した相続税申告

時価との大幅な乖離がみられる複数の土地について、面積が著しく広い土地については広大地の適用の検討、住宅市街地における原野や山林などについては傾斜や周辺の状況等複合的に検討し実際に宅地として転用できるか否かの検討を行い、土地の相続税評価の大幅減額に成功

「不動産管理会社の活用法 - 法人化シミュレーション、管理報酬等の裁決事例」
「すぐに使える借地権評価の基礎と実務への活用」
「相続時精算課税適用者が特定贈与者より先に亡くなった場合」 2015年
「子の所有に係る家屋の会造等の費用を母が負担した場合」 2015年
「老人ホームの入居一時金の税務処理について」 2015年
≪ スタッフ紹介一覧へ戻る
今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145