スタッフ紹介|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

スタッフ紹介/事務所

新宿事務所代表代行
税理士

2005年
明治大学経営学部卒業
2004年
都内結婚式場
2010年
都内会計事務所
2013年
税理士法人チェスター
税理士(東京税理士会新宿支部所属|登録番号:134686号)
神奈川県横浜市
相続税の改正により相続税申告が必要になった財産1億円前後の方の相続税申告から10億円を超える地主様の相続案件、さらに税理士も判定に悩む小規模宅地の特例等の各種特例の適用判断に強みがあります。
スポーツ観戦
<学生時代の部活> バレーボール部
<休日の過ごし方> 子供たちと公園で遊ぶ
お客様に安心して頂けるように常にお客様目線に立ち、お客様の不安事項を一つ一つ解決していきながら、相続税申告のお手伝いをさせて頂きます。 些細なことでも構いませんので、お気軽にご質問下さい。

1. 15億円を超える地主様の相続税申告
約30箇所の土地を所有する遺産総額15億円の相続税申告を行う。評価を下げるうえで、広大地や小規模宅地等の特例の適用はもちろんのこと、各土地に適用可能な評価減の方法を使用し、約5億円の評価額の減額行い、相続税額2億円の減額に成功。

2. 二次相続を含む5億円以上の相続税申告
経営者の方の相続税申告を行う。非上場株式1億円、土地3億円、有価証券1億円と多岐にわたる財産の評価を行った。さらに短期間における相次相続であったため、二次相続を含めた納税シミュレーションを事前に行い、最も税金の負担が少なくなるように申告を行った。

「任意組合と匿名組合の出資金に対する相続税法上における財産評価の問題点」 2015年
「国籍・住所から導く相続税における納税義務者の判定法」 2016年
「相続税納付期限に対する論点」 2016年
「特定居住用宅地等に関する諸問題の考察」 2016年
「相続関係説明図の作成方法及び使用方法」 2016年
「生命保険と相続税の対応関係についての考察」 2016年
「遺贈と相続の関係についての考察」 2016年
「相続税の基礎控除について徹底解説」 2016年
≪ スタッフ紹介一覧へ戻る
今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145