相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

キーワード「相続税」を含む記事 掲載数 55 件

1.はじめに 令和2年10月28日、国税庁が「令和2年1月~6月の相続・贈与で取得した土地等の評価に適用する路線価の補正はしない」と明らかにしたことは、先日コチラのニュース記事でお伝えした通りです。 この際に「新型コロナウイルス感染症の影響で、令和2 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 平成30年6月13日、民法の成年年齢を20歳から18歳に引き下げること等を内容とする民法の一部を改正する法律が成立しました。明治29年(1896年)に民法が制定されて以来、成年年齢は20歳とされていましたが、この度、約140年ぶりに、改 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 相続等により取得した土地が、「令和元年台風第19号」による災害に係る特定地域(※1※2)の土地等である場合、その土地等が災害を受けた土地等か否かに限らず、相続人全員の相続税の申告期限が延長されます(租税特別措置法第69条の8)。 このよ […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 国税庁は、新型コロナウィルス感染症の各地での感染状況を踏まえ、当面の申告や納税などの対応について取りまとめた「国税における新型コロナウィルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」を公表しました(令和 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 小規模宅地特例の適用要件に、保有継続要件(「その宅地等を相続税の申告期限まで有していること」)があります。 ただ、令和元年台風第19号の被災地域のように、申告期限に係る特例が適用される場合には、延長後の申告期限まで保有継続期間も延長され […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 令和元年12月19日、国税庁は平成30年の相続税の調査や申告状況について公表しました。 (国税庁HP「平成30事務年度における相続税の調査等の状況」 「平成30年分の相続税の申告事績の概要」) これらについて、以下で簡単に説明いたします […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 今回の民法改正で、預金の仮払い制度に関する規定が追加されました(民法909条の2)。 この条文は、最高裁判所が平成28年12月19日判決によって従来の判例を変更したことによる不都合を解消するために制定されました。平成28年判決は、被相続 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 従来の遺留分制度では、遺留分減殺請求権を行使した場合、遺留分権者に所有権等を復帰させる効果がありました。そのため、相続財産について相続人と遺留分権者との共有関係となり、事業承継等の障害となることがありました。 そこで、この度の改正におい […]

>> 詳細を見る

  東京で相続税申告の依頼や相談を誰にしようかと悩まれている人は多いと思います。特に生前に税理士と付き合いがない人や、税理士と付き合いがあっても相続税に詳しくない場合には税理士を選ばなければいけません。 しかし税理士も医者と同様に専門分野が […]

>> 詳細を見る

1 はじめに この度の民法改正により創設された「配偶者居住権」が、令和2年4月より施行されます。 「配偶者居住権」とは、被相続人の死後、残された高齢な配偶者の生活を安定させるため、配偶者が自宅に住み続けることができる権利を法定化したものです。 配偶者 […]

>> 詳細を見る

1  2  3  4  ...  6  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る