相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

キーワード「相続税」を含む記事 掲載数 53 件

1 はじめに 国税庁は、新型コロナウィルス感染症の各地での感染状況を踏まえ、当面の申告や納税などの対応について取りまとめた「国税における新型コロナウィルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」を公表しました(令和 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 小規模宅地特例の適用要件に、保有継続要件(「その宅地等を相続税の申告期限まで有していること」)があります。 ただ、令和元年台風第19号の被災地域のように、申告期限に係る特例が適用される場合には、延長後の申告期限まで保有継続期間も延長され […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 令和元年12月19日、国税庁は平成30年の相続税の調査や申告状況について公表しました。 (国税庁HP「平成30事務年度における相続税の調査等の状況」 「平成30年分の相続税の申告事績の概要」) これらについて、以下で簡単に説明いたします […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 今回の民法改正で、預金の仮払い制度に関する規定が追加されました(民法909条の2)。 この条文は、最高裁判所が平成28年12月19日判決によって従来の判例を変更したことによる不都合を解消するために制定されました。平成28年判決は、被相続 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 従来の遺留分制度では、遺留分減殺請求権を行使した場合、遺留分権者に所有権等を復帰させる効果がありました。そのため、相続財産について相続人と遺留分権者との共有関係となり、事業承継等の障害となることがありました。 そこで、この度の改正におい […]

>> 詳細を見る

東京で相続税申告の依頼や相談を誰にしようかと悩まれている人は多いと思います。特に生前に税理士と付き合いがない人や、税理士と付き合いがあっても相続税に詳しくない場合には税理士を選ばなければいけません。 しかし税理士も医者と同様に専門分野が多岐に渡り相続 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに この度の民法改正により創設された「配偶者居住権」が、令和2年4月より施行されます。 「配偶者居住権」とは、被相続人の死後、残された高齢な配偶者の生活を安定させるため、配偶者が自宅に住み続けることができる権利を法定化したものです。 配偶者 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 相続税における財産評価の中で、土地の評価が中心的な争いとなることが散見されます。 先日も、土地の相続税評価が争いになった訴訟において、東京地方裁判所は、「不動産鑑定士による鑑定評価額が評価通達に基づく評価額を下回っているというのみでは、 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに e-Taxとは、申告などの国税に関する各種の手続きについて、インターネットを利用して電子的に手続きが行えるシステムです。(e-Tax公式HP) 現在は、所得税・贈与税・個人消費税等の確定申告の申請などに利用できますが、令和元年10月1日 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 日本に住んでいる日本人の所有する財産というのは、必ずしも日本国内にあるものだけとは限りません。海外に不動産を所有していたり、海外の銀行に預貯金を所有していたりすることもあります。このような海外財産を所有する人が亡くなった場合、海外の不動 […]

>> 詳細を見る

1  2  3  4  ...  6  次の10件へ>>

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る