年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

法定相続人になれる人・なれない人

法定相続人になれる人・なれない人

法定相続人になれる人・なれない人

相続は「被相続人の死亡」をきっかけに始まります。

相続手続きでは、そもそも誰が相続人になるかという相続人の確定がはじめの第一歩となります。

誰が法定相続人になれるのかについては民法で詳細に規定されています。

相続について知ろうとすれば、必ず民法を確認する必要があります。

さて、そもそも相続とは何か。

民法では次のように相続を定義しています。

相続とは、死者(「被相続人」という)の財産を誰かに帰属させるための制度です。

ここにいう死者の財産とは、預金債権や現金、不動産といったプラスの財産のみならず、借金のようなマイナスの財産も含まれます。

では、死者の財産は誰に帰属するかというと、民法は、原則として、被相続人と一定の親族関係にあった者に帰属させることとしています。
(「法定相続人」という)。

その上で、死者は自己の意思によって(その意思は遺言という形で表現される)自分の選んだ者(「受遺者」という)に財産を帰属させることができるとしています。

なお、遺言がある場合には、原則として遺言に従って死者の財産の帰属が決定されます。

他方、遺言がない場合には、民法の定めるルールによって法定相続人に対する財産の帰属が決定され、これを法定相続といいます。

したがって、遺言の有無によって、死者の財産の処理方法は大きく異なるのです。

そこで、相続手続きのはじめの第一歩は誰が相続人になるかという、相続人の確定ということになります。

相続手続きの流れは

1)誰が相続人となるかという点を確定すること 2)相続の対象となる財産(「相続財産」という)の範囲を確定すること 3)相続人が複数いる場合(「共同相続」といい、この場合の相続人を「共同相続人」という)には、相続人が、それぞれ何をどれだけ相続するかという点を確定すること

そして、民法は被相続人と一定の親族関係にあった者を相続人としており、相続人となる順位をつけています。

民法の定めた順位に従って、相続人が決定されることになります。

被相続人の子またはその代襲者・再代襲者が第一順位の相続、次に、被相続人の直系尊属のうち、親等の近い者が第二順位の相続人とされています。

第二順位は、第一順位の相続人すなわち被相続人の子またはその代襲者・再代襲者がいない場合に相続人となるという意味です。

直系尊属が健在でない場合には兄弟姉妹またはその代襲者が第三順位の相続人となります。

さらに、民法は、被相続人の配偶者は常に相続人となる、としています。

関連性が高い記事

一親等の血族とは

一親等の血族とは 一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。 血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。 つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・ […]

相続人同意書とは

相続人同意書とは 相続発生後、故人の遺産や負債を分けるにあたっては、様々な場面で相続人の同意書が必要となるケースがあります。 現在の民法においては、故人が残された遺産・負債いずれもが相続人の意思に関わらず、すべて包括承継されることとなっています。 そ […]

相続代理人とは

相続代理人とは 相続代理人とは、本人が未成年者や成年被後見人など特定の身分を持ち手続きが行えない場合に、本人に代わり法律行為を行う者を言います。 この相続代理人は法律により代理権を有します。 相続における代理人が行う法律行為の例としては、相続人が未成 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る