相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

生前の資金援助と相続(特別受益)

生前の資金援助と相続(特別受益)

生前の資金援助と相続(特別受益)

遺産分割にあたり、民法では特別受益が認められています。

何が特別受益となるかは金額や資産、生活実態などから判断されます。

相続人に対する遺贈はすべて特別受益となります。

遺産分割においては、相続人全員が納得のもと、遺産分割協議書を作成しそれに基づいて分割を行うのですが、公平な遺産分割というのは非常に難しいものです。

相続人の中には被相続人の生前に援助を受けていた人もいるでしょう。

その援助の内容も人によって様々でしょう。

にもかかわらず、法定相続分で一律に遺産分割を行えば、不満を持つ相続人が出てくるのも当然のことです。

民法でこのような規定があります。

【民法903条】

1)共同相続人中に、被相続人から、逝贈を受け、または婚姻、養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定によって算定した相続分の中からその避贈または贈与の価額を控除し、その残額を持ってその者の相続分とする。

2)遺贈または贈与の価額が、相続分の価額に等しく、またはこれを超えるときは、受遺者または受贈者は、その相続分を受けることができない。

3)被相続人が前二項の規定と異なった意思を表示したときは、その意思表示は、遺留分に関する規定に反しない範囲内で、その効力を有する。

つまり、生前に被相続人から資金援助や結婚資金などの贈与を受けたことのある相続人については、それらを特別受益として、その同じ価格を相続財産に含めた上で各相続人の相続分を算定することになります。

そして、上記により計算された相続分が特別受益によって取得した価格を上回る場合でなければ、相続に際して新たな財産を取得することができないのです。

特別受益の具体例・計算事例

具体例として、次のようなケースを想像してみてください。

被相続人が相続開始時において1,000万円相当の財産を有していたとします。

相続人A、BおよびCのうち、Aのみが生前に婚姻費用として200万円の贈与を受けていた場合には、Aの受けた婚姻費用は特別受益とみなされ、各相続分を算定する際の基礎となる相続財産に含めて考えられます。

したがって、この場合には相続財産は1200万円とみなされ、各人の相続分は3分の1である400万円ずつとなりますが、このうちAは既に200万円を取得していることから、Aが自己の相続分として新たに取得できる財産額は200万円となります。

これに対し、BおよびCは、それぞれ400万円ずつを取得することになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

お世話になりました。ありがとうございました。 自宅までおいで下さり、私も弟も仕事があるため、とても助かりました。 父の相続でお願いしていたところ、母も急に亡くなってしまい、先生には無理なお願いをしてしまいましたが、いつも気持ち良く対応していただきまし […]

税の知識が皆無に等しい私どもに、親切かつ丁寧に教えていただき、ありがたかったです。 故人はもとより、家族全員が相続を大変心配していましたが、司法書士さんと共に導いて下さって、感謝しています。

チェスターさんに伺う前に、地域の税理士相談会や、近所の税理士事務所を訪れておりますが、もともと計算が苦手な私はそこでますます苦手意識を増大させられ、げんなりしておりました。かといってそこで挫折するわけにもいかず、気持ちを切り替えネット検索をかけました […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る