年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続人が行方不明の場合

相続人が行方不明の場合

相続人が行方不明の場合

遺産分割協議は全ての相続人がそろわなければできません。

相続人の中に、失踪するほか、災害で遭難し行方不明になったままの人がいる場合などは、遺産分割協議ができません。そのような場合には、家庭裁判所への申し立てを行います。

もしも、あなたの家族が行方不明となり、長期間生死が不明となっているとき、その財産はどうなるのでしょう。生死が不明のままでは、相続が開始されることはないのでしょうか。

行方不明者の代わりに財産を管理する者を不在者財産管理人といい、配偶者や相続人といった利害関係人、または検察官が家庭裁判所に不在者財産管理人の専任の申し立てを行います。

不在者財産管理人は行方不明者の代理人として遺産分割協議に加わることになります。

■ 失踪宣告手続きについて

そして、不在者の生死が7年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告ができるとされ、失踪宣告を受けた者は7年間の期間満了時に死亡したものとみなされます。

したがって、家庭裁判所に対して,失踪宣告を請求し,家庭裁判所がこれを受けて失踪宣告をすれば、生死不明となったときから起算して7年間の期間満了時に死亡したものとみなされ、相続が開始します。

また、災害での遭難で行方不明となることも考えられます。

戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中にあった者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後またはその他の危難が去った後1年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告ができるとされ、失踪宣告を受けた者はその危難が去ったときに死亡したものとみなされます。

前述のケースを普通失踪、後述のケースを特別失踪といいますが、ともに、家庭裁判所の失踪宣告は利害関係人による請求が前提となります。

利害関係人とは、失踪宣告をすることについて法律上の利害関係を有する者のことをいいます。不在者の配偶者や法定相続人は問題なく利害関係人ですが、債権者・債務者その他取り引き関係の相手どうでしょうか。

一般的には不在者の死亡について特に利害関係があるとはいえません。しかし、不在者の債権者、相続人となる者の債権者も、相続によってその債務者の財産が増加する場合は、利害関係を有する者と解されます。

関連性が高い記事

原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?

原戸籍(はらこせき)と言う言葉、聞いたことはありますか?正確には改正原戸籍(かいせいげんこせき)と呼ばれるものですが、これは相続の際必要となってくるものの一つです。 戸籍法の改正によって戸籍の様式が変更されるたびに、記載される情報が少しずつ変わってく […]

姻族関係終了届とは

姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]

代襲相続と法定相続人の人数

1.代襲相続とは? 代襲相続とは、相続人が被相続人より先になくなっていた場合、先になくなったからといって先代の財産が引き継がれないことは不公平であるとされ、相続人の相続人(孫等)が代わって被相続人の財産を相続する制度です。 例えば被相続人Aが死亡し、 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る