相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人が行方不明の場合

相続人が行方不明の場合

遺産分割協議は全ての相続人がそろわなければできません。

相続人の中に、失踪するほか、災害で遭難し行方不明になったままの人がいる場合などは、遺産分割協議ができません。そのような場合には、家庭裁判所への申し立てを行います。

もしも、あなたの家族が行方不明となり、長期間生死が不明となっているとき、その財産はどうなるのでしょう。生死が不明のままでは、相続が開始されることはないのでしょうか。

行方不明者の代わりに財産を管理する者を不在者財産管理人といい、配偶者や相続人といった利害関係人、または検察官が家庭裁判所に不在者財産管理人の専任の申し立てを行います。

不在者財産管理人は行方不明者の代理人として遺産分割協議に加わることになります。

■ 失踪宣告手続きについて

そして、不在者の生死が7年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告ができるとされ、失踪宣告を受けた者は7年間の期間満了時に死亡したものとみなされます。

したがって、家庭裁判所に対して,失踪宣告を請求し,家庭裁判所がこれを受けて失踪宣告をすれば、生死不明となったときから起算して7年間の期間満了時に死亡したものとみなされ、相続が開始します。

また、災害での遭難で行方不明となることも考えられます。

戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中にあった者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後またはその他の危難が去った後1年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告ができるとされ、失踪宣告を受けた者はその危難が去ったときに死亡したものとみなされます。

前述のケースを普通失踪、後述のケースを特別失踪といいますが、ともに、家庭裁判所の失踪宣告は利害関係人による請求が前提となります。

利害関係人とは、失踪宣告をすることについて法律上の利害関係を有する者のことをいいます。不在者の配偶者や法定相続人は問題なく利害関係人ですが、債権者・債務者その他取り引き関係の相手どうでしょうか。

一般的には不在者の死亡について特に利害関係があるとはいえません。しかし、不在者の債権者、相続人となる者の債権者も、相続によってその債務者の財産が増加する場合は、利害関係を有する者と解されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

書類を精査してくださり、ありがとうございました。相続手続きが終わりまして、一安心でございます。

私の依頼に対して忠実かつ適格に遂行して下さいました。ありがとうございました。

自分で相続申告ができると思って始めましたが、なかなかうまく進まず気がつくと期限約1ヶ月前になっていました。 初回の面談で色々な書類の提出をお願いされ、その後何度かの面談を受けるにつれ、つくづく自分の甘さに気がつきました。早く依頼すればよかったと反省し […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る