相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

おしどり贈与と譲渡時3000万円控除を利用する

居住用財産の譲渡特例

 おしどり贈与は配偶者に自宅用の不動産を贈与するものですが、不動産のすべてではなく、持ち分を決めて贈与することも可能です。

 その特徴を利用すれば、将来に自宅を売却するにあたって控除を2倍にふくらませ、節税することができます。

 まず、自宅の家屋か宅地のうち2000万円分の持ち分を、おしどり贈与で配偶者に贈与します。これでその家は、夫婦2名が所有権を持つことになります。

 一定の時期を経たら、この家を売却に回します。

 居住用財産を売却して利益を得た場合、譲渡所得税の居住用財産の特例が適用されます。これは、今まで住んでいた土地・家屋を売却した対価にかかる所得税(譲渡所得税)には、3000万円の控除が受けられるというものです。

夫婦2人で6000万円を控除

 その控除は、家単位で行われるのではなく、所有者に対してなされます。おしどり贈与で居住用財産を夫婦でもっていた場合、2人分の6000万円が控除されることになります。

 これがどれほどのインパクトかというと、不動産所得には譲渡所得税と住民税のあわせて20%の税がかかりますから、3000万円の控除がなければ、そこには600万円分の税がかかっていたことになります。

 妻を所有者に加えることで、3000万円の控除が倍になり、600万円の節税になったのです。

 実際には取得費等の経費を引くなどの処理が入るのでこの金額にはなりませんが、それでもじゅうぶん大きなインパクトです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

HPの情報を頼りにはじめて相談にうかがったのですが、すでに納付期限までのこすところ1ヶ月半というありさまでした。報告いただいた申告書を見て、居住状況や変形地への対応など、やはり素人にはとても手のでない適格な判断で、満足な結果をだしていただけました。お […]

もともと公認会計士をしていた若いお2人が、税理士業を開業されたとのことで依頼した当初は、正直言って、実務経験不足や人生経験不足に一抹の不安がありました。が、それは見事に杞憂に終わりました。 なにしろ税理士報酬額はコスト重視プランを選んだとは言え同業他 […]

話を丁寧に聞いて頂けた。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る