年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続時精算課税制度 ~値上がりする財産を贈与する~

相続時精算課税制度 ~値上がりする財産を贈与する~

値上がりしても贈与時の額で

 相続時精算課税制度の持ち戻しに際しては、もう一つ、「時価主義」というルールがあります。たとえば、有価証券を時価100円のときに贈与した場合、持ち戻しの際にそれが時価10万円に高騰していたとしても、1円に急落していたとしても、贈与時の時価10円で評価されるというルールです。

 この時価の差を利用すれば、相続財産を実質的に減らして、相続税をおさえることができます。

 たとえば、親が持っている農地に、将来幹線道路が通る予定だとしましょう。しかしまだ正式発表されておらず、土地の評価額はまださほど上がっていません。

 そこで、これ以上評価額が上がる前に、子にその土地を贈与します。現在の評価額が2000万円ほどの土地なので、相続時精算課税を利用します。

 さて、幹線道路は無事開通し、親子の予想どおり、土地の評価額はぐんと上がりました。

 一方、相続で持ち戻された際は、評価額はもとの時価である低い額で済ませられるのです。

値上がりは確約できない?

 しかし残念ながら、これはロジックが先走りしたテクニックです。

 確実に値上がりする財産ならともかく、そうでない場合、時価がそのままなら問題はありませんが、下落していた場合は、余分な相続税を納めることになります。

 先ほどの幹線道路の例でいえば、「幹線道路計画がとん挫して、上がりかけていた土地の評価額も下がってしまった」というケースです。ですから、本当に確実に値上がりする財産を見極められた場合にだけ、このテクニックの利用をおすすめします。…むずかしいとは思いますが。

 実は、この時価主義は、暦年贈与に相対的なメリットをもたらしています。

 相続時精算課税は、財産の時価の変動によっては、税を余分に払うリスクが常につきまといます。一方、暦年贈与は、その年ごとに税を精算してしまいますから、贈与財産の価値がその後どんなに値上がりしても、税金が増えるリスクがありません。

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度というの二つの方法があります。 暦年課税 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る