相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

無税で自宅を妻に贈る~おしどり贈与~

贈与税の配偶者控除とは?

 通称・おしどり贈与とは、夫婦の間で居住用の不動産を贈与したとき、暦年贈与の基礎控除である110万円に加えて、最高2,000万円までの配偶者控除を受けられるという制度です。

 要件として重要なのは、夫婦として婚姻期間が20年以上過ぎていること。事実婚は対象外です。また、同じ配偶者からの贈与については、一生に一度しか控除を適用できません。

 贈与を受けた不動産には、贈与を受けた翌年3月15日の時点で、住んでいる必要があります。住宅取得等資金と違い、現実に住んでいなければなりませんから、不動産の現物でなく取得資金を贈与する場合は、物件の取得スケジュールに注意が必要です。

相続税には加算されない

 この制度を使って贈与をおこなう前に注意してもらいたいのは、配偶者に無税で自宅を渡したいだけなら、相続時に適用される配偶者への相続税額の軽減によっても、目的が達せられるということです。

 相続税額の軽減とは、配偶者が相続で受け取った財産の正味の額のうち、1億6000万円と法定相続分に相当する額のどちらか多い方までは、非課税になるというもの。実質的に、全額が非課税といえるでしょう。

 このため、自宅を配偶者に遺す旨を遺言すれば、ほぼ確実に無税で渡せます。

 不動産登録税についても、相続で渡せば税率0.4%ですが、贈与だと2%に上がりますから、余分なコストがかかるといえます。

 このことから、おしどり贈与の目的は、配偶者に税負担がかからない点よりも、自分の財産から自宅を切り離し、配偶者名義に変えられる点にあると考えた方がいいでしょう。

 メリットは、おしどり贈与した不動産や資金は、贈与が相続の年であっても相続財産に持ち戻されない点です。

 相続ギリギリに最高2000万円分の財産を他に動かせるのですから、財産が多い人には使い勝手がいい制度といえるでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

分からないこと、心配なことを質問した時も、迅速に丁寧に教えてくださいました。 料金も後から追加になることもなく、助かりました。 司法書士事務所からの紹介でしたが、お願いして良かったです。ありがとうございました。

初めての相続でしたが、様々な適切なアドバイスをいただきありがとうございました。 おかげさまで、無事、税務署への申告が終わりほっとしております。 知り合いにも御社をおすすめしたいと思います。

わかり易く親切に対応していただきました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る