相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

住宅取得等資金の贈与の特例~良質な住宅を建てる

制度改正で要件がひろがる

 住宅取得等資金の贈与の特例では、良質の住宅を建築・購入するケースに対して、非課税限度額を手厚く設定しています。

 かつては、断熱性の高い家だけが、省エネ等住宅として非課税限度額をひろげる要件になっていましたが、今回の改正で、耐震・免震性、高齢者への配慮(バリアフリー)も要件に加わりました。

 家の性能に対するものですから、贈与資金で土地のみを購入する際には、使えません。
「この土地に、将来良質な住宅を建てる予定」
 というケースも認められません。あくまで、上記の性能をつけ加える対価として、贈与された資金が支払われる必要があります。

 良質な住宅と一般の住宅の限度額には、500万円の差がありますから、上のいずれかの性能がある住宅をプラス500万円以内の追加出費で入手あるいは建築ができるならば、非課税枠が広がってお得ということになります。

リフォームでもOK

 良質な住宅にするために支払うのなら、増改築費用に対しても、非課税限度額の拡大が認められます。

 適用となる増改築の範囲は、一定の省エネ改修工事、バリアフリー改修工事、給排水管に関わる(=水もれをなおす)工事、雨水の浸入を防止する部分に関わる(=雨もりをなおす)工事が含まれます。

 なお、耐震化のための工事については、増改築の要件には明記されていませんが、新築や購入で認められている要件ですから、増改築でも同様に適用が認められると考えられます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続に戸惑う私共に、懇切丁寧に教えて下さり、 また、拙い質問にも気持ち良くお答え頂きありがとうございました。 最後に送付された相続税申告書には感動いたしました。

相続税の手続に関して滞り無く進めて頂いただけではなく、不動産の売却についても対応して頂いた。 結果的に不動産について依頼はしなかったが、他のルートの方が高く売れそうだった時に、無理に介入せず条件がいい方を勧めてくれた。

自分でこれだけの申告をするのは大変だと思います。 やはり専門家にお願いして良かったと思います。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る