年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

住宅取得等資金の贈与の特例~良質な住宅を建てる

住宅取得等資金の贈与の特例~良質な住宅を建てる

制度改正で要件がひろがる

 住宅取得等資金の贈与の特例では、良質の住宅を建築・購入するケースに対して、非課税限度額を手厚く設定しています。

 かつては、断熱性の高い家だけが、省エネ等住宅として非課税限度額をひろげる要件になっていましたが、今回の改正で、耐震・免震性、高齢者への配慮(バリアフリー)も要件に加わりました。

 家の性能に対するものですから、贈与資金で土地のみを購入する際には、使えません。
「この土地に、将来良質な住宅を建てる予定」
 というケースも認められません。あくまで、上記の性能をつけ加える対価として、贈与された資金が支払われる必要があります。

 良質な住宅と一般の住宅の限度額には、500万円の差がありますから、上のいずれかの性能がある住宅をプラス500万円以内の追加出費で入手あるいは建築ができるならば、非課税枠が広がってお得ということになります。

リフォームでもOK

 良質な住宅にするために支払うのなら、増改築費用に対しても、非課税限度額の拡大が認められます。

 適用となる増改築の範囲は、一定の省エネ改修工事、バリアフリー改修工事、給排水管に関わる(=水もれをなおす)工事、雨水の浸入を防止する部分に関わる(=雨もりをなおす)工事が含まれます。

 なお、耐震化のための工事については、増改築の要件には明記されていませんが、新築や購入で認められている要件ですから、増改築でも同様に適用が認められると考えられます。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度というの二つの方法があります。 暦年課税 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る