年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

子や孫の結婚・出産を援助する ~結婚・子育て資金の一括贈与の特例~

子や孫の結婚・出産を援助する ~結婚・子育て資金の一括贈与の特例~

結婚・子育てを贈与で援助

 結婚・子育て資金の一括贈与の特例は、今回の税制改正で新たに導入された制度です。結婚・子育ての支払に充てるために贈与された資金について、1000万円まで非課税とするものです。このうち、結婚費用に充てられるのは300万円までです。

 通常、結婚や出産の費用は生活の必要経費なので、教育費と同じように、贈与しても課税されることはありません。ですからこの特例の目的は、将来の経済不安から結婚・出産をためらう若年層に対して、親世代が費用を一括贈与することで、不安を除き行動をうながすことにあります。

 この特例も資金の使用期限が定められており、50歳になった時点で特例の適用外になり、残額に贈与税がかかります。

 また、教育資金と同じく、金融機関の信託口座で管理することが義務づけられています。

相続税対策にはならない?

 この特例で特に注意したい点は、教育資金の特例とは異なり、贈与者が死亡した段階で、特例の適用が消失することでしょう。

 贈与者が亡くなったときに受贈者が50歳未満であっても、口座にある残額はすべて相続または遺贈で受け取った財産とみなされ、相続税がかけられます。つまり、相続財産への持ち戻しの対象になるわけですが、暦年贈与と異なり、相続の直前3年間に贈与がなされていた場合も、持ち戻されるのは使い残された分だけです。

 この点から、この特例には、相続税対策としての効果はほとんどありません。また、もともと贈与税がかからなかった費用ですから、そちらの節税効果についても、同様です。

 税理士の目からみると、正直なところ「何のために?」と感じる制度です。

 ただ、受贈者が孫やひ孫で、相続人に入らなかった場合でも、相続税の2割加算が適用されません。これが、税制面での数少ないメリットといえるでしょう。

 教育資金のように持ち戻しが一切ないなら使い勝手がよいのですが、国が目的としてあげているように、純粋に結婚と出産をうながすための特例なのでしょう。

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度というの二つの方法があります。 暦年課税 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る