年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続時精算課税~使いたいときに使いたい人へ贈与~

相続時精算課税~使いたいときに使いたい人へ贈与~

相続税の前払い?

 相続時精算課税とは、被相続人にあたる親と相続人にあたる子・孫の間で、将来相続される財産を先渡しできるようにする制度です。

 贈与される財産のうち、2500万円までが当面は非課税となり、それを越える分には一律20%の贈与税がかかります。
「当面は」非課税と述べたのは、相続が発生した段階で、先渡しされていた財産に相続税がかかるからです。

 要は、相続税の納税を後回しにして、相続財産だけ前借りする制度だといえるでしょう。
「親のお金をアテにしたいが、相続までは待てない。かといって、贈与してもらって高い税を納めるのもちょっと…」
 というケースを解決します。

 現在は、大金を非課税で贈与できる特例があるため、そちらで解決できるケースが少なくありません。しかし「大金が必要なのに、対応する特例がない」というケースには有効ですし、特例の多くが平成31年に施行が終了しますから、それ以降は相続時精算課税が活躍することになるでしょう。

選択すると暦年贈与に戻れない

 相続時精算課税は、暦年課税方式で税を精算する贈与(つまり暦年贈与)に代えて、選択するかたちになっています。
「今後、親である◯◯からの贈与については、暦年課税ではなく、相続時精算課税にします」
 という申告を、税務署に行うわけです。

 一度相続時精算課税を選択したら、暦年課税方式には戻せません。ただしこれは、「すべての人からの暦年贈与を受けられなくなる」という意味ではありません。

 相続時精算課税は、親と子(孫)の一対一の関係において、贈与の納税方式を選ぶ制度です。その親からの贈与だけを別枠にして税を処理するかたちをとりますから、他の人からの贈与は暦年課税方式で処理できますし、110万円の基礎控除も使えます。

 また、父からの贈与は相続時精算課税を選び、母からのものは暦年贈与のままにしておくといったこともできますし、両親どちらに対しても相続時精算課税を選択して、2500万円の非課税枠を2つ持つことも可能です。

 ただし先ほども述べたとおり、最終的には、前借りした財産すべてに相続税がかかります。

 このため、節税効果は原則ありません。しかし使い方によっては、大きなメリットをもたらす制度です。

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度というの二つの方法があります。 暦年課税 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る