年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

贈与税の申告方法と時効

贈与税の申告方法と時効

贈与税は自己申告

 贈与財産は、現金や預金だけでなく、不動産や物品など、換金価値があるすべてが対象となります。
1年間(1月1日から12月31日まで)に贈与された合計額が基礎控除の110万円を超えたら、贈与税の申告をします。基礎控除内におさまっているならば、相続時精算課税を選んだ人を除き、申告する必要はありません。

 さまざまな贈与の特例を用いた場合も、その年の期限までに申告しないと、せっかくの特例が適用されなくなります。

 国は贈与の事実を知りませんから、「申告しましょう」と必要書類が送られてくることはありません。特に、特例を用いたい場合は、申告もれに注意が必要です。書類は、税務署・税事務所などで入手できます。

「もらい逃げ」は許されない

 贈与税はあくまで自己申告式ですが、基礎控除を超える贈与を申告しなかった場合、最大で40%の加算税に加え、納税が遅れた期間分の延滞税がかかります。

 税の無申告・過少申告の時効は通常5年ですが、これは「知らなかったので申告しなかった」というケースに対するもの。「お互いに知っている」ことを前提とする贈与には、適用されません。「わざと申告しなかった」とみなされ、プラス1年の6年、悪質なら7年が時効となります。

 もちろん、どんな贈与が行われたかはその時点で国にはわかりませんから、贈与の事実が発覚するのは相続時です。そこで7年が過ぎていれば、確かに時効は成立します。

 ただしそれには、法的にキチンとした贈与契約があるなど、贈与の事実、価値(額)、贈与日時を証明できる証拠が必要となります。しかし多額の財産が動いた場合、そういった証拠を作ると法務局や税務署に伝わるため、ほぼ確実に税務調査の対象になります。

 かといって証拠を作らなければ贈与が証明できず、今度は相続財産として扱われます。確かに贈与税は納めなくて済みますが、代わりに相続税がかかるということです。

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度というの二つの方法があります。 暦年課税 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る