相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

贈与不成立で名義預金と認定される落とし穴

「合意どおり」?それとも「取り消した」?

 前項で、契約が成立する要件として3つを挙げましたが、これに加え、実際に財産が受け渡されたかどうか、つまり契約どおり履行されたかどうかが、贈与では重視されます。

 なぜなら、契約は合意すれば簡単に成り立つと同時に、片方が「やはりやめたい」と合意を解けば、簡単に取り消せもするからです。この特徴が相続の際に、贈与財産をめぐる以下のようなトラブルに結びつきます。

 相続時に、贈与が履行済みであることを証明できない財産が出てきたとしましょう。たとえば、「贈られた現金を親の家に預け、使い道ができたら引き取ろうと思っていた」といったケースです。

 税務調査では次のように判断されるのです。

「合意が途中で解かれて契約が取り消され、実際にはあなたに渡らなかったんじゃありませんか?」

 取り消されなかったことを証明できない限り、「取り消されたもの」とみなす。それが法律のルールです。この場合、相続財産として処理されます。

名義預金の落とし穴

 では、親が子に「このお金、あなたの名前で預金しておくから」と知らせ、子名義の通帳を作った場合は、どうでしょうか。

 子は贈与に合意しており、お金は子名義の預金になっているのですから、一見、贈与が成立しているように思われます。

 しかし法律では、受け取った側が贈与財産を自由に処分したり運用できる状態になければ、贈与が履行されたとは認められません。なぜでしょうか。

 贈与は無償で行われますから、たとえば売買のように、対価の支払いで契約の履行を確かめることができません。「確かに財産を贈与・受贈した」という証が、別のかたちで必要になるのです。

 特に相続時には、それを確実なかたちで証明しなければなりません。証明できない名義預金は、相続財産とされるケースがほとんどです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続手続きで、書類の揃え方もわからないような状況でしたが、佐藤様の的確なアドバイスで何とか乗り切る事ができました。本当にありがとうございました。

色々と無理難題も多かったなかで、親切・丁寧な対応で、無事申告を終わらす事が出来ました。 相続人である母の代理で業務を進めましたが、仕事のある私には、メールでのやりとりは非常に助かりました。 こちらの質問にも1つ1つ丁寧に回答してくださるので、不安な部 […]

事務所へ何度も伺うことなく、メールや郵送のやり取りでできたことで非常に助かりました。 また全く知識のない私にもわかりやすく丁寧な説明をしていただきました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る