相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

自動車の相続税評価方法

自動車の相続税評価方法

自動車は相続税の課税の対象になります。自動車の評価方法は、財産評価基本通達上、特に決まっておりませんので一般動産として評価した金額により相続財産として申告することになります。

一般動産の評価方法

一般動産は原則として売買実例価額、精通者意見価格等を参酌して評価します。ただし、売買実例価額、精通者意見価格等が明らかでにない動産については、その動産と同種及び同規格の新品の課税時期における小売価額から、減価償却相当額を控除した金額により評価します。

売買実例価額等とは

中古車の場合、インターネットで売却の見積りを出してくれる業者がありますのでこれを活用すると便利です。また業者に直接、買取の見積りを出してもらえるのであればこの金額により評価して差し支えないこととなっています。

 

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る