年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続時精算課税制度は利用すべき?気になるメリットとデメリット

相続時精算課税制度は利用すべき?気になるメリットとデメリット

相続の時に徴収される税金を極力減らすことが出来る相続時精算課税制度には、メリットとデメリットがあります。どのような制度かを理解した上で、利用すべきかを判断しましょう。今回は、制度を利用すべきかの判断材料となるメリットとデメリットを紹介します。

1.相続時精算課税制度を利用するメリット

(1)2,500万円までは贈与税がかからない

相続時精算課税制度は利用すべき?気になるメリットとデメリット

2,500万円を超えると一律で20%の贈与税が発生するものの、2,500万円までは無税で贈与することが可能とされています。ただし相続時には相続税がかかる場合があります。

(2)早期に財産を贈与できる

相続時に相続税がかからないと考えられる場合には、早期に財産を贈与できメリットとなります。

相続の場合には死亡するまで財産を取得するとができませんが、この制度を利用することで生前に贈与が可能となるためメリットといえるでしょう。

(3)収益物件を贈与すれば相続税対策になる

マンションなどの収益物件を贈与した場合、贈与後の収益はすでに受贈者のものとなるため、相続税対策につながる可能性があります。

(4)値上がりが予想される財産を贈与すれば相続税対策になる

収益物件と同じ考え方ですが、値上がりが予想される財産を贈与してしまえば値上がり分の相続税を節税することができます。

(5)相続争いを防ぐことができる

相続させたい財産を生前に贈与しておくことで、死後に残された相続人同士の相続争いを防ぐことができます。

(6)生前贈与することで評価額が下がる

親が居住用住宅を取得し、それを生前に贈与することで評価額が低くなるため、相続税対策となります。

2.相続時精算課税制度を利用するデメリット

(1)一度決断すると撤回が出来ない

相続時精算課税制度は利用すべき?気になるメリットとデメリット

相続時精算課税制度選択届出書を一度提出してしまうと、撤回することができなくなります。また、同じ贈与者からの暦年贈与(毎年110万円までの非課税枠)を使うことができなくなるため、大きなデメリットとなります。これはその贈与者からの贈与にのみ適用されるので、ほかの贈与者からの贈与には使うことができますが、届出書を提出する前によく考える必要があります。

(2)申告の手間がかかる

相続時精算課税制度を選択する場合には必ず届け出が必要です。金額の大小にかかわらず必須となるため、手間になります。

(3)改正があると大きなデメリットにつながる可能性がある

現行制度で有利になる状況だとしても、将来的に法改正などがあれば不利になることもあります。

(4)小規模宅地等の特例との併用ができない

相続時精算課税制度は利用すべき?気になるメリットとデメリット

相続時精算課税制度を選択して土地を贈与した場合、小規模宅地等の特例を利用することができなくなります。状況によってデメリットとなるので、土地を贈与する場合には将来的なことも含めて検討する必要があります。

(5)相続時に税金が発生することがある

相続時精算課税制度は利用すべき?気になるメリットとデメリット

相続時精算課税制度を選択した場合には、2,500万円までは贈与税が発生しませんが、贈与した金額を相続時に足し戻すため、相続税が発生する可能性があります。相続時に足し戻して計算した時に、課税遺産総額がプラスとなる場合には相続税が発生する可能性が高いので注意が必要です。

(6)生前贈与を受けた財産は物納することができない

相続時精算課税制度は利用すべき?気になるメリットとデメリット

本来、土地や建物を相続した場合、その土地や建物で相続税を支払うことができますが、相続時精算課税制度を利用した場合には生前に受けた土地や建物などは物納に使うことができません。相続時精算課税制度を利用すると物納が認められなくなるため、事前によく検討しましょう。

(7)コストがかかる

不動産を生前に贈与した場合には、コストがかかってしまいます。相続時に不動産を贈与した場合には、登録免許税が0.4%とされていますが、生前贈与の場合には、登録免許税が2.0%かかります。さらに不動産所得税もかかってしまうため、相続時贈与に比べてコストがかかるのです。

まとめ

相続時精算課税制度のメリットとデメリットをご理解いただけたでしょうか?

メリットデメリットを理解した上で、利用するかを検討してみてください。

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度というの二つの方法があります。 暦年課税 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る