相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

住宅、別荘等の鉱泉地の相続税評価

鉱泉地の相続税評価は、その鉱泉地を旅館、料理店等の営業主が利用する場合の評価と、営業者以外の者が利用する場合の評価の2つに分かれます。
そして、「住宅、別荘地等の鉱泉地の相続税評価」は、後者の営業主以外の者が利用する鉱泉地の評価方法のことをいいます。
以下で、これについて解説します。

「鉱泉地の評価」と「住宅、別荘等の鉱泉地の評価」の違いについて

鉱泉地の相続税評価は、原則として、財産評価基本通達第2章第9節(69)「鉱泉地の評価」に従って行います。しかし、その評価方法は、鉱泉地の利用者が旅館、料理店等営業者であることを前提に設定されています。

それゆえ、評価対象の鉱泉地が、旅館、料理店等の営業者以外の利用者である場合には、
そのままその評価方法を適用することは適切ではありません。そこで、同通達の第2章第9節(75)において、鉱泉地の利用者が営業者以外である場合の鉱泉地の評価方法が規定されています。

住宅、別荘等の鉱泉地の評価について

財産評価基本通達第2章第9節(75)を、「住宅、別荘等の鉱泉地の評価」いいます。
これによると、住宅、別荘等である鉱泉地、すなわち、鉱泉地の利用者が営業者以外である場合の当該鉱泉地の評価額は、鉱泉地本来の評価額から、その評価額に30/100以内の数値を乗じた価額を減じた価額とされます。

例えば、旅館や料理店等の営業者によって利用されている場合の本来の鉱泉地の評価額を100万円、鉱泉地が営業主以外の者に利用されていることによるその評価額が減額される割合を30/100とすると、その場合の当該鉱泉地の評価額は、100万円-100万円×30/100=70万円となります。

本来の鉱泉地の評価について

住宅、別荘等の鉱泉地の評価額を算定する際、その基本となる価額は、財産評価基本通達第2章第9節(69)「鉱泉地の評価」に従って評価された本来の鉱泉地の評価額です。そんそて、その評価額は、評価対象鉱泉地にその評価倍率が設定されている地域に所在する場合には、固定資産評価額にその倍率を乗じて算定されます。

一方、評価対象鉱泉地が評価倍率の設定されていない地域にある場合には、当該鉱泉地の相続税評価額は、当該地の固定資産評価額に、その鉱泉地の利用する宅地の鉱泉地の固定資産評価基準時点での評価額に対する、その鉱泉地を利用する宅地の課税時点での評価額の割合を乗じた価額によって算定されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

本当にお世話になりありがとうございました。小田原の不便な所まで来て頂きました。 ■■の■■様と■■様、チェスター鈴木様のおかげでやっとすべて終了できます。 また、何かありましたら、よろしくお願いします。鈴木純子様いろいろありがとうございました。

何もわからなかったんですが、とても親切に丁寧な対応をして頂き感謝しております。 ありがとうございました。又、何かありましたら、よろしくお願い致します。

松島様、山口様には大変にお世話になりました。 思いかえせば夫亡きあと、何をすべきか…不安ばかりで眠れませんでした。 博全社を通じ、貴社を紹介して頂き、松島・山口さんとお会いした際ベテランの方?!をイメージしていましたので、若いお二人におどろきました。 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る