相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お電話

お問い
合わせ

贈与税とは何かを知ろう

贈与税とは何かを知ろう

平成27年い改正された贈与税・相続税についてきちんと理解していますか?また、贈与税と相続税の違いとはなんでしょう?

しっかり理解しておくことで、大きな損失を被ることを防ぐことができます。ぜひご確認ください。

1.贈与税とは

贈与税は、1月~12月までに贈与を受け取った側にかかる税金を指します。課税される人は贈与を受けた人(受贈者)です。

1人が1年間(1月1日~12月31日)に他の人から無償で受け取った財産に対して贈与税が課税されます。贈与は基本的には110万円の基礎控除があります。1年間に受け取った財産が110万円以下であれば贈与税が課税されることはありません。

贈与を受けた人の年間の贈与額に対して贈与税が課税されることになるため、贈与された人の人数は関係ありません。課税される税率は以下の2つに分類できます。

 (1)一般贈与財産用(一般税率)

贈与税とは何かを知ろう

兄弟間や夫婦間、親から未成年の子供へ贈与する場合にかけられる税率です。基礎控除を受けた後に税がかかります。かかる税率は以下の通りです。

贈与税とは何かを知ろう

 (2)特例贈与財産用(特例税率)

贈与税とは何かを知ろう

直径尊属である父母や祖父母から、その年の1月1日に成人(20歳以上)の子や孫などへの贈与税の計算に使用します。

贈与税とは何かを知ろう

 2.贈与税の計算方法

贈与税は1年間に受けた贈与額から、基礎控除となる110万円を引いた金額に税率をかけて計算します。(基礎控除を引いた贈与額が200万円を超える場合には、それぞれの控除額を引くことができます。)

贈与税とは何かを知ろう

※一般税率と特例税率は上記のパーセンテージを参照下さい。控除額がある場合は、控除額を引いた金額が贈与税額となります。

以上が計算方法です。例を出すと、兄から弟へ300万円の贈与を行った場合、

贈与税とは何かを知ろう

(300万円ー110万円)×10%=19万円となります。

このとき、贈与額から110万円を引いているので、税の対象になる金額は190万円です。兄弟間での贈与は一般贈与財産となり、一般税率に当てはまります。

つまり、200万円以下の10%が税率になります。200万円以下の場合、税金控除額はありませんので、そのまま19万円が納める税額になります。

次に特例税率を例に見てみましょう。祖父から孫に400万円の贈与を行った場合、

贈与税とは何かを知ろう

(400万円-110万円)×特例税率15%=43.5万円-10万円=33.5万円

となります。贈与額から控除額110万円を引いて、290万円。

特例税率に当てはめると、200万円超~400万円以下に当てはまりますので、15%が税率になります。算出された税金43.5万円から、税金控除額である10万円が引かれるので、実際に支払う税金は33.5万円になるのです。

 3.不動産贈与に関する事例

不動産を贈与する場合でも、贈与税が発生します。親族間では、一般的に相場の約8割以下で売買された場合、贈与とみなされます。

贈与税の計算方法は以下になります。

贈与税とは何かを知ろう

です。その為、例えば親から成人の息子へ2,000万円の土地を譲った場合は、

(2,000万円-110万円)×特例税率45%=850.5万円-265万円=585.5万円を支払う事になります。

贈与税とは何かを知ろう

また、先ほどの例で息子が500万円で購入していた場合、

(2,000万円-500万円-110万円)×特例税率40%=556万円-190万円=366万円です。

贈与税とは何かを知ろう

先ほどは無償で譲り受けているので、特例税率は3,000万円以下が対象でしたが、次の例ですと500万円を先に支払っている為、その分が控除され1,500万円以下の税率である40%がかかっています。

また、その他にも登録免許税が贈与の場合、固定資産税評価額の2%発生し、不動産取得税が土地や住宅用家屋にそれぞれ3%、住宅用以外の家屋に4%かかりますので注意しましょう。

 4.非課税の金額が変わる例

今までの計算方法で大まかな贈与税の金額を算出する事が出来ますが、中には特例があります。それが以下の五つの場合です。

贈与税とは何かを知ろう

これらを利用した場合が上記の計算方法に当てはまらないケースになります。

夫婦間で贈与をした場合、贈与税は発生するの?贈与税が発生してしまうケースはどんなとき?

平成27年度に改正された「相続時精算課税制度」を理解しよう!

住宅取得資金の贈与非課税枠とは?最大1,310万円まで無税?

子や孫に非課税で1,500万円まで贈与「教育資金の一括贈与」とは

結婚・子育て資金の贈与が1,000万円まで非課税に?平成27年4月からの新制度をご紹介

 5.2015年に税率はどう変わったか

2014年までの贈与税は、一つの分類しかありませんでした。新たに細かく分類され、贈与税の負担も金額が低いほど、以前に比べると軽くなっています。

贈与税とは何かを知ろう

平成27年に改正された贈与税のポイントとは?

まとめ

贈与税についてご理解いただけましたでしょうか?贈与税は贈与の人数などは関係なく、受け取った金額によってかかる税率が異なります。

また、贈与をうまく活用することで相続税の節税になる場合もあります。贈与税のしくみを理解し、上手に贈与を行ってくださいね。

 

相続専門税理士が対応します!/

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度という二つの方法があります。 暦年課税制 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る