年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

相続税を算出する時に、被相続人のプラスの財産からマイナスの財産を引くことを債務控除と言います。債務控除によってマイナスできる財産は、被相続人の負債や売掛金、葬式費用などがあげられます。もし、被相続人に連帯保証の債務や未払いの医療費などがある場合、それらは債務控除としプラスの財産から引くことができるのでしょうか?それぞれのケースが債務控除可能かどうかについてご説明します。

1.連帯保証の債務の扱い

連帯保証の債務とは、「連帯債務」と「保証債務」の総称を言います。いわいる”借金の保証人”が保証債務のことをいいます。連帯保証の債務は、その債務が連帯債務か保証債務かによって債務控除の扱いが異なります。

(1) 連帯債務と保証債務

連帯債務とは、一つの債務に対して債務者(お金を借りている人)が複数存在し、それぞれが均等に債務を負担することを言います。

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

保証債務とは、債務者が支払いが出来なくなったときに、保証人となる人が債務者に変わりその債務を支払うことをいいます。

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

(2)連帯保証の債務と債務控除の扱い

① 連帯債務の債務控除の扱い

連帯保証の債務については、被相続人が負担すべき債務の金額が明らかになっている場合には債務控除の対象となります。

また、被相続人以外の連帯債務者の中に、債務を弁済することが出来ない人がいる場合で、

弁済請求しても弁済される見込みが無い場合に、その人の債務についても負担する必要がある場合には、その債務についても債務控除の対象となります。

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

② 保証債務の債務控除の扱い

保証債務の場合には、実際に対象の債務の弁済を請求されるかどうかが確定していません。

そのため、原則として債務控除の対象になりません。しかし、その債務の債務者が下記に該当する場合には債務控除の対象になります。

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

2.被相続人の医療費の扱い

被相続人が病院で亡くなった場合など、亡くなった後に医療費を支払いますが、その医療費は、被相続人の所得税の医療費控除の適用になるのか、相続税の債務控除の適用になるのか判断に困りますよね。被相続人の医療費を誰が負担し、その医療費の支払いは相続開始前なのか後なのかがポイントとなります。

(1)被相続人が自分で負担していた場合

被相続人が自分で医療費を負担していた場合の、医療費控除と相続税の債務控除の扱いは以下の通りです。

① 医療費控除の扱い

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

生前、本人が負担していた医療費については準確定申告を行うことで医療費控除の対象となります。

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

一方、被相続人が亡くなっている場合にはご本人が医療費を支払うことは不可能ですから、所得税の医療費控除は出来ません。

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

このような場合、相続開始前の5月3日、6月5日の支払いは医療費控除の対象となります。しかし、8月2日の支払いは相続開始後の支払いとなり医療費控除の対象とはなりません。

② 相続税の債務控除の扱い

被相続人が自分で支払っていた医療費に関しては、所得税の医療費控除同様に、相続開始後は自分で支払うことは出来ませんから対象外とし、相続開始前については、債務控除というよりは、相続財産から医療を負担しているため、相続税が少なくなるということです。

(2)相続人が負担した医療費

被相続人の医療費を相続人が負担していた場合の、医療費控除と相続税の債務控除の扱いは以下の通りです。

① 医療費控除の扱い

相続人が医療費を負担していた場合は、生計を一にしていたかがポイントです。

被相続人と生計を一にしていた相続人が、医療費を負担した場合には、負担した相続人の所得税の医療費控除の対象となります。逆に、生計を一にしていない相続人が負担した場合には、負担した相続人の所得税の医療費控除の対象にはなりません。

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

② 相続税の債務控除の扱い

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

被相続人の医療費を立替えて相続人が支払っていた場合には、相続開始前の支払いも債務控除の対象となります。生計を一にしていた相続人であれば、ご自身の確定申告での医療費控除も適用され、相続税の債務控除も適用されるということになります。

ただし、注意すべき点は被相続人と立替えを行った相続人が扶養義務者間である場合には債務控除の対象とならないケースもあります。

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

被相続人が病院で亡くなった場合、亡くなった後に入院費を支払うというのはごく一般的です。亡くなった後に支払われた入院費や医療費は債務控除の対象となります。また、被相続人と生計を一にしていた相続人が、支払った場合、支払った相続人の医療費控除の適用を受けることも可能です。

準確定申告につての詳細は下記を参考にしてください。

相続があったら所得税の申告もお忘れなく!【所得税の申告を忘れると罰則の可能性も…】

3.これらの費用は債務控除できる?

さて、ここまでは、連帯保証や医療費に関する債務控除の扱いについてご説明しました。債務控除の対象となる債務には葬式費用も含まれています。

葬式費用と言われても、具体的には何が葬式費用なのか疑問に思われますよね。特に判断に悩む葬式費用に関してまとめておきます。

こんな場合はどうなるの?被相続人の連帯保証や医療費の債務控除について

上記以外にも、お寺や住職等に支払うお布施やお車代などで領収書がもらえないケースでも、支払ったことが確認できれば葬式費用と判断されます。メモ書き等で問題無いので、領収書がもらえない場合には、「誰に」「いつ」「いくら」支払ったかを書き残して起きましょう。また、通夜・告別式の際の生花や盛籠代に関しては、喪主が負担した部分のみ葬式費用に含まれます。

債務控除の対象となる葬式費用についての詳細は下記を参考にしてください。

葬式費用の中には、相続税を安くできる費用とできない費用がある?

まとめ

被相続人の連帯保証の債務や医療費など、債務控除の対象になるかどうかの判断ポイントについてご理解いただけましたでしょうか?

債務控除が適用されると、相続税の課税価格が少なくなるため相続税額も減少します。債務控除の対象になるものをしっかりと把握することで、節税対策にも繋がります。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

子が全額相続した場合の基礎控除

子が全額相続した場合の基礎控除 相続税には基礎控除額があり、5000万円+1000万円×法定相続人の数で算出されます。総財産からこの基礎控除額を差し引いて、さらに上回る分の財産にのみ相続税が課税されることになっています。 相続税は基礎控除額が大きいこ […]

相続税の配偶者控除の計算方法は、1億6000万円が基準!?

相続税の配偶者控除の計算方法は、1億6000万円が基準!? 1. 相続税の配偶者控除とは 故人と長らく生活を共にしてきた配偶者には、残された配偶者のその後の生活などを考慮して、相続税について大きな税額軽減が設けられています。それが配偶者控除です。 具 […]

修正申告時における配偶者税額軽減について

配偶者の税額軽減とは 相続税には、「配偶者に対する相続税額の軽減措置」があります。 この措置は、被相続人の配偶者が被相続人の財産を相続しても、次の代に渡るわけではなく同一世代間の財産の移転になる場合が多く、近いうちにその配偶者自身の相続が生じた場合に […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る