相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続権を失った者と相続税

相続権を失った者と相続税

遺産を相続することのできる人の範囲は法律によってあらかじめ定められています。

しかし、相続の権利を持っている人が何らかの理由によって相続する権利を失ってしまう「欠格」や「排除」と言った制度もあります。

相続人に相続の権利を認めない「欠格」には、5つの条件があり、その条件に当てはまる人は相続の権利を持っていてもその権利が認められず、相続権を失ってしまうことになります。

その条件は、?被相続人や自身より上位にある相続人などを故意に殺害した、もしくは殺害しようとして罪に問われたこと?被相続人が殺害された事を知っていたにもかかわらず、そのことを告発しなかったこと?脅迫などによって被相続人が作成した遺言を変更させなかったこと?詐欺または脅迫によって、元あった遺言を変更させたこと?被相続人の作成した遺言を偽造したこと、と以上のようになっています。

このような行為をすると、その相続人の相続権は失われてしまいます。

また、相続権を失った者については、相続税も課税されません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

大変お世話になり、ありがとうございました。 とても丁寧に対応して頂き、業務も正確で安心してお任せできました。 相続税申告に付随して急遽確定申告まで依頼することになりましたが、迅速なご対応でお蔭さまで期限に間に合いました。 また何か申告等が必要になれば […]

対応もよく、実務を担当していただいた方の対応もすばらしかった。

2016年に父が他界し2017年に母が他界、2年続けてお世話になりました。 母の相続の時は遺産分割協議書の作成が必要でしたが、期限に間に合うように作成、提出ができ助かりました。 質問に対しても、すぐに回答を頂き、安心して任せることができました。ありが […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る