相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続権を失った者と相続税

相続権を失った者と相続税

遺産を相続することのできる人の範囲は法律によってあらかじめ定められています。

しかし、相続の権利を持っている人が何らかの理由によって相続する権利を失ってしまう「欠格」や「排除」と言った制度もあります。

相続人に相続の権利を認めない「欠格」には、5つの条件があり、その条件に当てはまる人は相続の権利を持っていてもその権利が認められず、相続権を失ってしまうことになります。

その条件は、?被相続人や自身より上位にある相続人などを故意に殺害した、もしくは殺害しようとして罪に問われたこと?被相続人が殺害された事を知っていたにもかかわらず、そのことを告発しなかったこと?脅迫などによって被相続人が作成した遺言を変更させなかったこと?詐欺または脅迫によって、元あった遺言を変更させたこと?被相続人の作成した遺言を偽造したこと、と以上のようになっています。

このような行為をすると、その相続人の相続権は失われてしまいます。

また、相続権を失った者については、相続税も課税されません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この度は、相続税申告の件でお世話になりましたこと、誠にありがとうございます。 司法書士法人チェスター様と連携をとって頂き、 最善かつスムーズに手続きを完了することができましたこと感謝の気持ちでいっぱいです。 これもひとえに専門性の高い意識をお持ちのス […]

全体的に、ていねいに説明を受けたので満足している

長期間小口の物件にも親切に対応していただき有難とうございました。 1.遺産相続に全く無知な我々に一から丁寧に説明していただいた。 2.不十分な提出資料にもかかわらず完璧な原本を作成していただいたのには感謝致しております。特に金融関係には私どもも知らな […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る