相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

定期金にかかる相続税

定期金にかかる相続税

定期金とは、税法においては、民間の個人年金保険などのことを指しており、原則として定期金には相続税が課税される事になっています。

一言で定期金と言っても、様々な種類のものがあり、その種類によっては評価方法も違ってきます。

定期金の受給権利を取得した場合は相続税の納税義務が発生しますが、その評価方法は以前から問題があるといわれており、最近では改正をされています。

ここでは、定期金がどのように評価されるのか簡単にご紹介します。

定期金の受給権を相続した場合、次のいずれかの額が評価額として使用されます。

まず一つは解約返戻金相当額、次に一時金を受け取った場合のその相当額、最後に予定金利などを元にして算出された金額の3通りです。

もしも年金の受給が開始される前に相続が発生した場合には、優先的に解約返戻金相当額が相続評価額として用いられる事になります。

どのような定期金を受け取るかによって、その評価方法も金額も変わってきますので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

担当の方が毎回わかりやすく丁寧にお話しくださるので安心しておまかせ出来ました。 ありがとうございました。

申告が期限近くまで延びてしまった点はありましたが、書類をきっちりと作成して頂き、大変安心しておまかせすることができました。 担当の東平様も含め、信頼のおける方々に改めて感謝したいと思います。

御社を含めて5人の税理士の先生とお会いしました。 その中で、渋井先生は初回の面談から具体的なアドバイスをわかりやすく丁寧にお話下さいました。 豊富な知識と的確なアドバイス、誠実な対応で御社に依頼することに決めました。 実際に作業が始まってもお忙しい中 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る