相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

営業上の権利の相続税評価

営業上の権利の相続税評価

相続税の対象となる財産は、有形無形に関わらず、様々なものがその対象になるのですが、その中でも営業上の権利という、なかなか金額にして評価しづらいものはどのように評価されるのでしょうか?

営業上の権利というのは具体的にどのようなものが含まれているのかというと、まずは売掛金などの利益、その事業などに関する営業権や、その事業において使用されている電話の加入権などをまとめて営業上の権利と言います。

売掛金や電話加入権などは比較的数字にして評価しやすいものですが、営業権というのはなかなか具体的な数字に直すのは難しいものです。

営業権を数字にするための計算式も、相続税法における基本通達の中で定められているのでご紹介します。

平均利益金額×0.5−標準企業者報酬額−総資産価額×0.05で、まずは超過利益金額を算出し、その超過利益金額に営業権の持続年数に応じた基準年利率による複利年金現価率をかけたものが営業権の価額となり、評価に用いられます。

なお、医者や弁護士のように、その被相続者自身の能力を元に事業を行っていた場合は、その人物の死亡と共に営業権も消滅するとされているため、課税もありません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

専門用語がよく出てきたので、すぐに理解できなくて、自分で調べたりと勉強するきっかけになった。 相続税についてなどは、専門家でないと正確にはできないものです。とても助かりました。

私の障害にもかかわらず、可能な連絡方法(電話が苦痛なのでメールで)にて対応頂き、安心してお任せできました。

おちついた穏やかな対応で、わかり易く丁寧に説明して頂きました。当初の見込みより、納税額が相当下がっていて助かりました。現金贈与等、相続以降の注意点も詳しく知ることができました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る