相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

判決の確定の日と相続税の申告期限

判決の確定の日と相続税の申告期限

被相続人が死亡したことによって相続が発生した場合、相続税の申告をしなければなりませんが、その相続税には申告期限というものが定められており、被相続人の亡くなった日の翌日から10カ月以内に申告書を提出しなければならないという決まりがあります。

ところが、10カ月という期限内に財産分割の話し合いがまとまらず、申告書を提出できないと言う事態も稀に起こります。

配偶者控除という制度があるのですが、申告期限までに分割が終了していない財産には、配偶者控除は適応されませんので、それを避けるために申告期限に間に合いそうにないという場合、申告期限後3年以内の分割見込書という書類を提出し、期限の延長を申請します。

これを提出すれば、その後3年まで申告が猶予されます。

もしも3年たっても分割が決めることができず、やむを得ない事情がある場合、つまり判決の確定の日がその猶予を超えてしまう場合などには、更に延長を申請し、分割の話し合いが終了次第申告書を提出しなければなりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

mailでの「やりとり」が多くありましたが対応が素早く、助かりました。 又、分割協議の内容が度々変わり、納税申告期限ギリギリになりましたが丁寧に対応して頂けました。

資料を集めるのは大変でしたが、こちらからの質問にもすぐ対応していただき、とても良かったと思います。

相続が発生して慌てて相続税について学習しましたが、あまりに煩雑でプロに依頼するしかないと、 実績数でもHPの充実度でも優れていたチェスターさんに決めました。 事前に揃える資料等についても、ガイドブックがとても分かりやすく迷うことなくスムーズに行えまし […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る