相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税の期限後申告について

相続税の期限後申告について

相続税法において、相続が確定した後に相続税の申告を行わなければならないと規定されています。この期限は被相続人が死亡した日から10カ月と定められていますが、この期限を過ぎてから申告を行うと、ペナルティが課せられます。

この期限を過ぎて申告をしていないと、税務署から指摘され、期限後申告を行わなければなりません。

期限後申告を行った場合は税額の15%が無申告加算税として加算され、更に延滞した日数に応じて延滞税も発生するので、申告が遅れれば遅れるほど納税者の負担が大きくなってしまいます。

しかし、期限を過ぎて税務署からの指摘がある前に納税者が自発的に申告を行えば、無申告加算税は5%ですみ、延滞税も発生しません。

また、期限内に申告していた税額が本来納めるべき税額よりも少なかった場合、修正申告をしなければならないのですが、この修正申告が申告期限を過ぎていて、しかも税務署からの指摘によって発覚した場合は10%もしくは15%の過少申告加算税が加算されることになります。

相続税の申告は、期限内に正確な金額を申告するように心がけましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

当初は自分で申告書を作成しようとしていましたが、分からない事が出たため、ご相談して依頼しました。 分からないことなどを教えていただき、不安な事も解消していただき、安心できたので、依頼して良かったと思います。

解りやすい説明で対応をありがとうございます。

初めての相続でわからないことだらけだったので、何件か税理士事務所さんに行きました。 その中で、内容や料金をハッキリと明示していただけたことと、担当の河越さんのお人柄が大きな決め手となり、 チェスターさんにお願いすることにしました。最後まで丁寧に対応し […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る