相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死後認知と相続税

死後認知と相続税

父親が死亡してからも未認知の子供についての認知を求める訴えを起こすことは可能です。

これを死後認知と言います。死後認知をするには期限が定められており、父親の死後3年後までは訴えを起こすことができると定められています。

しかし、被告となるべき父親はすでに死亡しているため、検察官が被告となって裁判が行われることになります。

この裁判で父親と子供の親子関係が認められ、認知を受けることができれば、その子供には父親の財産を相続する権利が発生します。

では、死後認知を受けた子供はどのようにして父親の財産を相続することができるのでしょうか?

子供が死後認知を受けた時点で、まだ相続財産の分割が終わっていない場合は、その子供を含めて分割の話し合いを行います。

その子供の存在を知っていて、その子供を除いて財産を分割した場合はその相続は無効となります。このような場合は、その子供も他の相続人と同じように財産を相続するので、相続税も課税されることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

・当方の疑問、質問に対し、直ぐに返信返電がもらえる等信頼できる。 ・税制変更等への対応に関するアドバイスが適切だった。

丁寧な説明があり安心してお任せできています。

豊富な業務知識と申告書作成、納税の進捗度に併せ、的確なアドバイスを頂き遺漏なく納税を完了することが出来ました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る