相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

死後認知と相続税

死後認知と相続税

父親が死亡してからも未認知の子供についての認知を求める訴えを起こすことは可能です。

これを死後認知と言います。死後認知をするには期限が定められており、父親の死後3年後までは訴えを起こすことができると定められています。

しかし、被告となるべき父親はすでに死亡しているため、検察官が被告となって裁判が行われることになります。

この裁判で父親と子供の親子関係が認められ、認知を受けることができれば、その子供には父親の財産を相続する権利が発生します。

では、死後認知を受けた子供はどのようにして父親の財産を相続することができるのでしょうか?

子供が死後認知を受けた時点で、まだ相続財産の分割が終わっていない場合は、その子供を含めて分割の話し合いを行います。

その子供の存在を知っていて、その子供を除いて財産を分割した場合はその相続は無効となります。このような場合は、その子供も他の相続人と同じように財産を相続するので、相続税も課税されることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

いつもお世話になっております。 連絡が遅くなりまして、申し訳ありません。 昨日、伺っておりました、書類・資料一式、届きました。 申告書を拝見した時は感無量でした、やっとここまで来れた、と。又、丁寧に書類をファイリングして頂き、誠にありがとうございます […]

相続税など私達には関係ないことと、思っていた為、何から始めてよいものか思っていた折、 税額計算のHPをたまたま知り、貴社との御縁がありました。 お願いをするにあたり、何度も、ここでいいのだろうか、良いことばかりを書いているのではないかとHPを開く度、 […]

徳永さんも清水さんも本当に親身になってくれて大変助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る