年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

死後認知と相続税

死後認知と相続税

死後認知と相続税

父親が死亡してからも未認知の子供についての認知を求める訴えを起こすことは可能です。

これを死後認知と言います。死後認知をするには期限が定められており、父親の死後3年後までは訴えを起こすことができると定められています。

しかし、被告となるべき父親はすでに死亡しているため、検察官が被告となって裁判が行われることになります。

この裁判で父親と子供の親子関係が認められ、認知を受けることができれば、その子供には父親の財産を相続する権利が発生します。

では、死後認知を受けた子供はどのようにして父親の財産を相続することができるのでしょうか?

子供が死後認知を受けた時点で、まだ相続財産の分割が終わっていない場合は、その子供を含めて分割の話し合いを行います。

その子供の存在を知っていて、その子供を除いて財産を分割した場合はその相続は無効となります。このような場合は、その子供も他の相続人と同じように財産を相続するので、相続税も課税されることになります。

関連性が高い記事

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

遺産取得税方式とは

遺産取得税方式とは 相続財産の相続税評価においては、遺産課税方式と遺産取得課税方式とに大きく分けられます。 まず、遺産課税方式とは、相続人の人数や相続の配分などに関係なく、被相続人の財産(合計)に着目して評価をするやり方です。 まずはその被相続人の持 […]

養子の人数の制限について

養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る