相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

配偶者税額軽減(通称:配偶者控除)と相続税

相続税法においては、相続税の納税をするうえで配偶者税額軽減という措置が設けられています。

これは、遺族となってしまった配偶者のその後の生活への負担を軽減するとともに、配偶者が相続した財産をその次の代が再び相続するのがそう遠くないであろうとみられているもので、同じ財産に短い期間で複数回の相続税が課税されることを防ぐための措置でもあります。

被相続者の配偶者が財産を相続によって取得する場合、1億6千万円もしくは配偶者の法定相続分相当額のどちらか、多い金額まで相続税が免除されることが規定されています。

この措置を受けるには、税額軽減の詳細などを記した申告書に、戸籍謄本や遺言状の写しなど必要な書類を添えて、配偶者が実際に相続した財産がはっきりと分かるように資料を提出し、税務署に申請を行います。

具体的な計算方法(計算例)

【前提条件】

・相続人が、妻と子供1人
・遺産総額2億円 ・法定相続分で取得すると仮定

1.基礎控除を差し引く

2億円‐4,200万円(3,000万+600万×2人)=1億5800万円

2.法定相続分で仮に分割して税額を計算する

≪妻の相続税額≫
1億5,800万円×1/2 = 7,900万円 7900万円×30%‐700万円=1670万円

≪子の相続税額≫
1億5,800万円×1/2 = 7,900万円 7900万円×30%‐700万円=1670万円

≪合計≫ 1,670万円+1670万円 = 3340万円

3.配偶者控除の計算

 1億6千万円もしくは法定相続分までは、配偶者が取得する財産については税金がかからないため、以下のようになります。

3340万円‐1670万円(配偶者の税額軽減)=1670万円(最終納税額)

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

丁寧に整理してすべての書類を一冊にとじて下さり、ありがとうございました。 次の代を引き継ぐ子供達の為に、貴重な記録として大切に保管させて頂きます。

この度、相続税申告の手続きを終えることができ、お世話になった方々に心からお礼を申し上げます。 相続手続きを依頼というよりは、困っている時に助けていただいたという思いでおります。 懇切丁寧な対応をいただき、税務署へ提出していただいた申告書ファイルを見て […]

不明点等、よくメールにて問い合わせをさせて頂きましたが、 いつも迅速・丁寧なご回答をいただき、大変感謝しています。有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る