相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

遺留分減殺請求と弁護士

遺留分減殺請求と弁護士

遺留分とは、相続人一人当たりにおける最低限度の相続分を保障するというものです。

これは、相続人の権利として保障されており、遺留分が認められる相続人は兄弟姉妹以外の相続人と定められています。

また、それに対して遺留分減殺請求権という権利も保障されています。

減殺の対象となる財産を相続、または贈与を受けた人物に対して、その遺留分の減殺を求めることができます。

この遺留分減殺請求権を行使する際には、その意思表示を口頭で行うこともできるのですが、できれば弁護士などをたてて、正式な書面などによって遺留分減殺請求権を行使する旨を残しておくのが好ましいでしょう。

更には、遺留分減殺の順序というものは法律によって定められているため、どの財産を減殺するかどうかについては遺留分減殺請求権を行使する者が指定することはできません。

個人どうしでこの権利を行使するのはもめ事の素となりますので、弁護士などの専門家を立てて手続きを行うのが好ましいでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

中流サラリーマン家庭だった我が家にも相続税が発生しました。 何も知らない素人の私が、頂いた資料に従い頑張りました(少しでも安くあげる為) 担当者一人の方が休みの時も、もう一人の方にきっちり対応して頂きました。 大変満足しています。ありがとうございまし […]

最初の相談時から、準確定申告~相続税の申告・納税までの長期間ではありましたが 解りやすく丁寧な説明でとても良かったです。 また、個人ではとても出来ることではなく、本当に依頼して良かったと大変満足しています。

解らない事だらけで、不安でしたが、おかげ様でスムーズに終了致しました。 ほっとしました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る