相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

借地権の相続税評価

1.借地権とは

借地権とは、簡単に言うと土地を借りる権利の事です。
建物などの建築物を建てる際、自分の土地を所有していない場合には、他人の土地を借用してその上に建築物を建て、使用することになります。
このときに一定の対価を支払い、土地を使用する権利のことを借地権と言います。
建築物を相続する際には、その借地権も一緒に相続することになります。
借地権はあくまでも土地を借りて使用する権利の事であり、土地そのものに関する権利ではありませんので注意しましょう。

2.借地権と相続税

借地権の相続が発生した際、当然その借地権も相続税課税の対象となります。
相続税評価のやり方としては、まずは自用地としてその面積などに応じた評価額を算出し、それに借地権割合をかけて最終的な評価額を導き出すことになります。

3.借地権を相続した場合の契約条件

また、借地権を相続した場合、その名義は書きかえられますが、名義変更にかかる費用などは発生せず、通常、借地条件などにも変化が起こることはありません。
被相続人が生前に行っていた契約のままで契約は継続されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この度は姉の相続の件で色々とお世話になり、大変有難う御座いました。 スピーディーな事務手続きで助かりました。感謝しています。

納税期限まで残り3か月と短し時間の中、迅速かつ丁寧にご対応くださいまして、大変感謝しております。 私ども相続人だけでは考えもつかなかった数々の点について、 ご助言、ご指示をいただき、安心感を持ちながら、資料の収集を進めることができました。

対応が迅速で気持ちが良かった。 初めての事で不安でしたが星野さんの人を安心させるような言葉使いに救われました。 お世話になりました。ありがとうございます。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る