相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

無償返還の届出書とは

無償返還の届出書とは

無償返還の届け出とは、どういったものなのでしょうか。

こちらで簡単に解説します。

まずは、無償返還の届出書を提出しなければならないのは、同族会社間や個人間などで、特別な対価を得ることなく土地を貸し借りする契約を結んでいる場合です。

この場合、トラブルが起こりやすいことは明らかで、それを未然に防ぐための意味合いをこの無償返還の届け出は持っています。

無償返還の届け出が意味をなさないのは、特別に経済的な利益をその土地の貸し借りによって享受している場合などが挙げられます。

つまり、その土地を将来無償で返還すると言うことを貸し借りの発生した時点で約束するという意味合いを持っています。

ですので、こういった無償で土地を返還することを条件とした契約を締結した時点で、無償返還の届出書は出されなければならないと言うことになります。

遅れて提出してしまっても受理されないと言うことはないようですが、やはり契約を結んだ際に提出しておくのが確実でしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

次回、相続発生時も、依頼したいと考えています。

質問に対する回答、メールに対する返信、業務の説明、話し方、他全てが非常にていねいでわかりやすかったです。 森田さんにお願いして良かった。

相続税の申告のプロとして、こちらの意向を十分に踏まえていただき、安心して業務をお願いすることができました。 貴税理士法人に業務を依頼した時期が申告期限まで3ヶ月あまりと、かなり厳しいスケジュールのなかでも、スムーズに進めていただき感謝しています。今後 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る