相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

名義預金とは

名義預金とは

名義預金とは、その預金の名義となっている人が実際に預金している物ではなく、その名義人の名義によって別の人物が預金をしている物の事です。

よくあるパターンとして、子供や孫の名義で親や祖父母など親戚が口座を開設し、そこに親や祖父母など、名義人ではない人のお金を用いて預金を行っている、というのが一般的です。

大人になって、自分で開設したものではない預金通帳を親から渡された、という話もよくありました。

相続税の税務調査がおこなわれる際、この名義預金が問題となることが多くあります。

名義預金が誰の財産となるかは、実質で判断されるため、その状況に応じて当該名義預金に相続税が課税されるか課税されないかが決まってきます。

一律に名義預金は名義人に属するとか、実際貯金を行った人物に属するとか、そう言った決まりは特にないようです。

専門家に判断してもらうのが良いでしょう。

故意にこの名義預金を相続税の申告の際除外してしまうと、隠蔽と見なされてしまう恐れもあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

満足しています。将来の自分の時も貴社にお願いするように子供たちに伝えておきます。

相続だと毎年のことではなく、スポットでの依頼なので、お互いたいへんだと思いました。

年齢を重ねている為、銀行通帳の入出金を調べるのが大変でした。(最終的には死亡時の残高にて税務署へ申告) 10か月間、大変お世話様になりました。有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る