相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続時精算課税制度と相続税

相続時精算課税制度と相続税

相続時精算課税制度とは、相続税の最も新しい改正によって生まれた制度です。

相続時精算課税制度の誕生によって、相続や贈与が大きく変わることとなりました。

まずはその概要を簡単にご紹介します。

これは、生前贈与をされた人がその際贈与税を支払いますが、その後贈与者、つまり被相続者の死亡後、相続によってまた取得した財産と生前贈与によって取得した財産を合わせて計算し、税額を算出してから、その総額からすでに支払いを終えている贈与税を差し引いた額が相続税額となる、という制度です。

つまり、相続税と贈与税の一体化が行われたということになります。

この相続時精算課税制度は誰にでも適用されるわけではなく、贈与者については65歳以上の親に限られ、贈与を受ける側は20歳以上の子供である推定相続人に限られます。

この相続時精算課税制度の適用を受けるためには、あらかじめ申請をしておかなければなりません。

贈与税の申告を行う際、合わせて申告しましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

親の財産相続、分割協議、新居への入居、家の処分などが一貫してスムーズに行われ、たいへん良かった。確定申告についても的確に行われることを期待している。

大変ご無理なお願いをしましたのに、スタッフ様は一生懸命にハワイ銀行と折衝等していただき、納税も期限内にすますことが出来、ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

申告期限3ヶ月前からお願いをしましたが、特に被相続人の過去5年間の預貯金等のお金の流れ等の精査について、手間がかかる書類作成や確認作業、税務の処理方法等、適切にご支援いただき助かりました。申告期限に間に合って感謝しております。 貴社ご担当の山本様も誠 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る