年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続税還付とは

相続税還付とは

1.相続税還付とは

過去に一度納めた相続税を更正の請求という手続きにより、国から戻してもらうことを相続税還付といいます。なぜ、税金を戻せるかというと、ズバリ、最初の相続税申告書が間違えていたからです。自分で申告書を作成したり、相続税申告に慣れていない税理士が作成した場合には、間違えている可能性も高くなります。

2.どのような財産が間違えているか

間違えている可能性が一番高いのが「土地」です。土地の評価は非常に専門的であり、評価減のポイントも多岐に渡ります。その評価減のポイントを一つでも見落とせば、過大な申告をすることとなります。

評価減のポイントで一番影響が大きいものが「広大地」となります。広大地に該当すれば評価額を半減できる可能性があります。この広大地は判断が難しく、相続税に慣れていない税理士だと判断がつかずに広大地に該当しないものとして申告してしまっているケースが多いです。その税理士としても広大地として申告した後に税務署から広大地に該当しないと認定された場合に、納税者に迷惑をかけるし、メンツも潰れるため保守的に広大地でないものとして申告をしてしまうのです。

3.いつまで還付が受けられるのか

相続税還付の手続きを更正の請求といいますが、10年前の相続税申告について更正の請求ができるわけではありません。更正の請求は相続税の申告期限から5年と決められています。相続税の申告期限は亡くなった日から10ヶ月以内なので、更正の請求の期限は、亡くなってから5年10ヶ月以内となります。

4.還付の実績

国税庁発表資料によると平成23年度における相続税の還付金額は日本全国で約430億円であり、1件平均約700万円(6,260件)が還付されています。

5.税理士報酬

相続税還付は相続税専門の税理士に依頼することになると思いますが、その報酬は完全成功報酬であることが多いです。すなわち、還付が成功した場合にはその還付金額の何割かを報酬として支払う、還付が成功しなければ一切報酬はかからないという具合です。還付金額に対する割合も税理士によって違いますが、30%から50%位が相場といえます。

6.相続税申告書のここを見る!

相続税申告書を確認し、下記のいずれかに該当すれば還付の可能性があります。

❏ 相続開始日(亡くなった日)が今から5年10ヶ月以内か(必須条件)
❏ 相続財産の中に土地がある
❏ 土地に特殊事情がある
  ※ 特殊事情
   ・面積が500㎡以上など広大な土地
   ・市街地の中に所在する山林がある
   ・建築基準法上の道路に面していない
   ・土地の形が歪である 
   ・騒音や日照障害がある
   ・隣地に墓地がある
   ・前面道路と敷地に1m以上の高低差がある
   ・敷地内にがけ地がある 
    などなど

関連性が高い記事

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

養子の人数の制限について

養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

居住無制限納税義務者とは

相続税法において、納税義務者の区分は無制限納税義務者と制限納税義務者とに分けられていますが、その中でもさらに無制限納税義務者には区分があります。 その一つが、居住無制限納税義務者です。 この定義としては、相続や死因贈与を原因とする遺贈によって財産を得 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る