相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

未成年が相続する場合

1.未成年者

未成年者とは、満20歳に達しない者をいいます。ただし、未成年者であっても婚姻をしている者は成年とみなされます。
未成年者が行う法律行為は原則として法定代理人の同意が必要となります。未成年者の法定代理人は通常、その親がなります。

2.未成年者と遺産分割

遺産分割も法律行為であるため相続人の中に未成年者がいる場合には、その未成年者の法定代理人が遺産分割協議に参加することになります。ただし、法定代理人である親も相続人である場合には、未成年者と法定代理人である親で利益が相反してしまうため、家庭裁判所に対して特別代理人の選任を申し立てる必要があります。

3.相続税申告について

未成年者がいる場合の相続税申告では、未成年者控除という税額控除の制度が設けられています。その未成年者が20歳になるまで年数(1ヶ月未満切り上げ)×10万円を相続税額からマイナスすることができます。
また、上記2の特別代理人を選任して遺産分割協議をすると法定相続分での遺産分割を強いられるケースもあることから、特別代理人を選任せずに、未成年者が20歳になるまで待ってから遺産分割を確定させることも実務では稀にあります。その場合の相続税申告は、とりあえず相続開始から10ヶ月以内に未分割で相続税申告をしておき、その後分割が確定した後に修正申告又は更正の請求をします。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての事で期間もないなかで、色々なアドバイス・書類製作をして頂きとても心強く、ありがとうございました。 安心してお任せする事ができました。感謝いたします。

スムーズな対応に感謝します。

わからないとこばかりで、心配や不安の日々でしたが、遠方からの依頼も引き受けて頂き、ありがとうございました。本当に助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る