相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人廃除について

相続人廃除について

こちらでは、相続人廃除についてのお話をします。

相続人はあらかじめ、被相続人との関係によって法律で決められているものですが、相続人によって被相続人が虐待を受けていたり、著しい侮辱を受けていたなど、相続人がふさわしくないと判断された場合、その相続人を排除することができます。

いくら血縁関係にあっても、相続人と被相続人の関係が良くなかったり、相続人が犯罪を犯している等して、相続するにふさわしくないという場合も考えられます。

そう言った場合にその相続人を相続人の中から排除します。相続人排除には2通りあり、一つは被相続人が生前に自分で請求する方法、もう一つは、遺言書に相続人廃除の旨を記載しておく方法です。

被相続人が生前に、この相続人に財産を相続させたくない、という場合、それに足りる理由があれば、家庭裁判所に相続人廃除を請求することができます。

また、遺言書によって相続人廃除する場合には、その遺言が執行される際、遺言執行者が家庭裁判所に請求すると言う形になります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

とても丁寧に対応していただきました。 わからないことも何度も電話で教えていただき、安心してお任せすることができました。

初の相続税申告で不安一杯でしたが、お陰様で完遂できました。 若い福留さんに気軽に相談できたので、思ったより簡単に終えられた気がします。安心してお任せできたという事ですかね。また機会?があれば是非お世話になりたく思います。

①誠実に対応してくださり満足しています。 ②報酬に対してもわかりやすくて良かったです。 ③圧力的な感じがしなくて良かったです。 ④上から目線で話す高圧的な態度でなくて良かったです。 ⑤このようにアンケートを配布してくれる自身、誠実だと思います。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る