相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

包括遺贈とは

包括遺贈とは

遺言によって遺産を譲り渡す行為の事を、遺贈と呼びます。

遺贈には2種類あり、その一つが包括遺贈です。

包括遺贈についてこちらでご紹介します。

包括遺贈と言うのは、遺贈する財産を具体的に指定せず、割合を指定して受贈者、つまり遺産を受け取る人に遺産を譲り渡すことを指します。

包括遺贈の場合、あらかじめ指定された財産を受け取るわけではありません。

全ての財産の中から、遺贈者が遺言によって指定した割合に値する物を受け取ることになります。

ですので、自分にとって望ましくない財産が自分のところにやってくることになった場合には、遺贈放棄の手続きを行ったり、限定承認を行うことができます。

遺贈を放棄したい場合には、自分のために包括遺贈があったことを知った日から3カ月以内に家庭裁判所に遺贈放棄の旨を申請します。

また、限定承認を行う場合には他の相続人とともに申請してください。

これらは遺贈があったことを知った日から期限が定められており、過ぎてしまうと申請が認められませんので早めに申請してください。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続手続でしたが、懇切丁寧に相談に乗っていただき大変助かりました。 問い合わせはメールが中心でしたが、迅速に回答していただき有難うございました。

来宅された、橋本様石川様より丁寧な説明を頂き安心してお願い致しました。 何回かのやりとりの上、無事に相続を終えることが出来ました。 相続の分からない私には、良い方を紹介して頂いたと感謝しております。有り難うございました。

提出する書類の多さに、個人では出来ないと、ストレスも感じると思いました。 いろいろありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る