相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

配偶者の相続税額軽減について

配偶者の相続税額軽減について

日本の相続税法においては、被相続者の配偶者の相続税額軽減措置が設けられています。被相続者が死亡したことによって、配偶者は遺族となり、その後の生活の金銭的な負担が増大することが考えられます。

そこで、配偶者のその後の生活における負担を軽減することなどを目的として、この配偶者の税額軽減措置という項目が相続税法に加えられました。

上に述べたように、配偶者の負担を軽減する目的と共に、配偶者においては、遠くない将来に再び同じ相続が発生することが見込まれることから、配偶者の相続税額軽減という制度が設けられています。

また、ここで言う配偶者というのは、日本の法律において婚姻関係が認められている関係に限られ、内縁関係の配偶者などはこの対象ではありませんので注意が必要です。

控除される額としては、1億6千万円まで、もしくは配偶者の法定相続分に相続する金額のいずれか多いほうの金額までが控除の対象となります。この控除を受けるには、相続税申告の際に申告書にその旨を記載して申請します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回の相続税申告に関して、適確に手続きを進めて頂き、ありがとうございました。 また相続税関係について、疑問点についても適確にご回答いただき、非常に参考になりました。

来宅された、橋本様石川様より丁寧な説明を頂き安心してお願い致しました。 何回かのやりとりの上、無事に相続を終えることが出来ました。 相続の分からない私には、良い方を紹介して頂いたと感謝しております。有り難うございました。

チェスター前、銀行紹介の法人の面談を済ませて1週間経ってました。 ●●証券から電話有、チェスターとの時間を持ちました。 銀行の法人は、初期取得の戸籍等、揃っているにも関わらず、書類のチェックシートに時間を費やし、 費用についてもいかほどの問いに〇〇円 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る