相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死亡保険金の請求した場合に、かかる税金とは!?

多くの人は生命保険や健康保険など、各種保険に加入して不慮の事故や死亡に備えていることでしょう。

そして、実際に被保険者が死亡した際、遺族(相続人である場合が多い)がその保険金を請求します。

請求そのものの手順については、各保険会社等で説明もありますし、サポートを受けることもできますが、その死亡保険金に係る税金については、保険会社が扱うものではありません。

その死亡保険がどのように掛けられていたかによっては、死亡保険金を受け取った相続人は相続税を納税する義務を負うことになります。

死亡保険に相続税がかかる場合

では、具体的にどういった場合に死亡保険金に相続税がかかるかと言うことですが、その保険の保険料を誰が負担していたかと言うのが大きなポイントとなります。

被保険者(死亡した人)が保険料を負担していた場合、その死亡保険金は相続によって相続人が取得した者とみなされ、相続税がかかってきます。

その他の場合には、相続税ではなく、贈与税や所得税が課税される可能性もあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続手続きで大変でしたが、山本氏・山崎氏に親切・ていねいに対処をして頂き非常に助かりました。 又、山崎氏よりチェスターの司法書士(羽多野氏)を紹介して頂き、 不動産の手続きも完了しました。

父親の相続に続いて、今回母親の相続でお世話になりました。 今回は前回と違って担当者が一環して同じ人だっとので落ち着いて手続きが出来ました。 料金も信託銀行と比べてかなり安かったので(一部自分でもやりましたが)お得感がありました。 担当者も皆様若くて感 […]

他社様に相談の流れが動き出しておりましたが、私がチェスター様に依頼した理由は、借地権付建物売買、新築場所、古建物取壊し後建築を始め、亡き主人の借り入れ先との問答等、不安で頭がいっぱいの時、息子の強い勧めでした。 保険、預貯金、使途不明金、生前中の複雑 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る