相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

死亡保険金の請求した場合に、かかる税金とは!?

多くの人は生命保険や健康保険など、各種保険に加入して不慮の事故や死亡に備えていることでしょう。

そして、実際に被保険者が死亡した際、遺族(相続人である場合が多い)がその保険金を請求します。

請求そのものの手順については、各保険会社等で説明もありますし、サポートを受けることもできますが、その死亡保険金に係る税金については、保険会社が扱うものではありません。

その死亡保険がどのように掛けられていたかによっては、死亡保険金を受け取った相続人は相続税を納税する義務を負うことになります。

死亡保険に相続税がかかる場合

では、具体的にどういった場合に死亡保険金に相続税がかかるかと言うことですが、その保険の保険料を誰が負担していたかと言うのが大きなポイントとなります。

被保険者(死亡した人)が保険料を負担していた場合、その死亡保険金は相続によって相続人が取得した者とみなされ、相続税がかかってきます。

その他の場合には、相続税ではなく、贈与税や所得税が課税される可能性もあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税申告をお願いしましたが、相続人となる両親は高齢で私共は遠方のためかなり無理をしていただいた事と思います。 時間外の電話連絡や休日の面談等にも対応してくださりました。ありがとうございました。

無料相談で伺った時から丁寧な対応で疑問点にも即座に的確にお答えいただきましたので、 他社も訪問していたのですが、貴社にお願いすることにしました。 その後も、わかりやすい説明と、随時、どのような状況かメールで連絡をいただきましたので安心してお任せでき、 […]

初めての事でわからずとても不安でしたが 担当の方がいつもわかりやすく説明して下さり安心してお任せする事ができました。 この度はお世話になりありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る