相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

生命保険と相続税(生命保険の非課税枠)

1.生命保険と相続税の関係

生命保険は、相続税とも密接なかかわりを持っています。生命保険の取り扱い方によっては、その生命保険金を受け取る際に相続税が課税されたりするため、この点について知っておけば将来節税に役立つかもしれませんね。まず、生命保険などの保険は、相続税への対策としてとても有効に使用できることができるものであると言う点、意外と知らない方が多いのではないでしょうか。
財産をそのまま残しておくより、将来保険金として相続人に渡す方が、現金が相続人の手元に入りますし、生命保険金の一部は相続税が控除される仕組みになっているため、そのまま金銭やその他の財産を相続人に相続させるより、生命保険金という形で相続人に譲渡した方が、かかる相続税が少なくて済みます。

2.生命保険の非課税枠

相続税の節税対策として、生命保険を活用した対策はポピュラーです。これは生命保険契約にかかる死亡保険金については、「500万円×法定相続人の人数」まで相続税が非課税となる枠が設けられているためです。
例えば子供二人が法定相続人の場合には、生命保険の非課税枠が500万円×2人=1000万円あるため、預貯金で1000万円所有したまま相続を迎えるよりも、生命保険に預けておくことで1000万円が全て相続税の非課税となるため、断然有利になります。このため死亡保険金については、実質的な相続税の基礎控除とも言われることがあります。

3.あきらめないで、90歳まで加入できます

 この生命保険の非課税枠の話をしますと、「いやもう自分は85歳だから、今さら加入できる生命保険なんてないよ」という話を聞きます。しかしあきらめないでください。今は90歳まで無審査で加入できる生命保険がいくつかあります。これは1000万円保険料を支払って、1000万円が相続後に戻ってくるというようにほとんど運用性はないものですが、相続税の非課税枠が残っている場合には活用した方が有利となります。加入を検討したいという方は、お気軽に税理士法人チェスターまでお問い合わせください。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

分からないこと、心配なことを質問した時も、迅速に丁寧に教えてくださいました。 料金も後から追加になることもなく、助かりました。 司法書士事務所からの紹介でしたが、お願いして良かったです。ありがとうございました。

私側の動きが十分でなく、やり取りの途中でパソコンが故障し メールの連絡もできない状態になりつつも、着実に仕事を進めて頂けた。

お忙しい時期に関わらず引き受けて下さってありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る