相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

死亡退職金とは

死亡退職金とは

被相続人が企業に勤めていて、在職中に死亡した場合、支払われるはずであった退職金は「死亡退職金」として支払われます。

相続税法上では、このとき支払われる退職金やその他の功労金、それに準ずる給与の事をまとめて「死亡退職金等」と表現されています。

被相続人の死亡によってこの死亡退職金等が支給され、それが被相続人の死後3年以内であった場合には、相続財産とみなされそれを受け取った相続人には相続税が課税されます。

この死亡退職金等には、非課税枠が設けられており、その金額は500万円×法定相続人の数の計算式で算出された額となります。

ここで言う法定相続人の中に養子がいた場合、実子がいる場合には養子1人まで、実子がない場合には養子2人までを法定相続人に含めて計算することができます。

退職金やその他の給与に関する規定は会社によって様々ですので、在職中に被相続人が死亡しても支給されない場合もありますので、各自の会社の規定を良く確認するようにしてください。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何もわからない私に細かくていねいに説明して頂き安心してまかせられました。不安だった相続でしたがほっとしました。 父も喜んでいることと思います。

大変お世話になりましてありがとうございました。

この度は大変お世話になりました。 無事に相続税を納めることができて、安堵しております。 また何かありましたら御相談させて頂きたく思います。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る