相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

国民健康保険埋葬費とは

国民健康保険埋葬費とは

国民健康保険に加入していると、加入者が亡くなってから葬祭費や埋葬費の給付があるというのはご存知でしょうか?

国民健康保険には、葬祭費や埋葬費の給付制度が設けられています。

これは自分から請求しなければ受け取ることができないので、知らないと言う方も少なくないかもしれません。

国民保険加入者が死亡すると、葬祭費が支給されることになっています。

国民健康保険加入者の死亡後葬祭費や埋葬費は、請求すれば給付されるのです。

申請手続きは、実際に葬儀を執り行った人、つまり喪主を務めた人が行わなければなりません。

葬儀を行った日から2年以内に、個人の住所があった市の市役所の国民健康保険課へ必要書類を提出します。

市役所へ行くと「国民健康保険葬祭費支給申請書」がありますので、それに必要事項を記入し、国民健康保険証や印鑑などを添えて提出します。

自治体によっては葬儀費用の領収書や死亡診断書が必要となるところもありますので、あらかじめ調べてから申請すると良いでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

田代先生は大変わかりやすく説明してくださり、飯塚様は何度もていねいな資料提出等のやりとりをしてくださいました。 また申告後も、土地売却に関して㈱チェスター様にスムーズに依頼することができ助かりました。

前回も担当して頂きました。 とてもとてもていねいに対応して頂き、本当に信頼がおける方でしたので今回もお願いしました。 ありがとうございました。

いつもていねいにお教えいただきました。 ありがたく思います。何回も経験することではないので本当に助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る