相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

国民健康保険埋葬費とは

国民健康保険埋葬費とは

国民健康保険に加入していると、加入者が亡くなってから葬祭費や埋葬費の給付があるというのはご存知でしょうか?

国民健康保険には、葬祭費や埋葬費の給付制度が設けられています。

これは自分から請求しなければ受け取ることができないので、知らないと言う方も少なくないかもしれません。

国民保険加入者が死亡すると、葬祭費が支給されることになっています。

国民健康保険加入者の死亡後葬祭費や埋葬費は、請求すれば給付されるのです。

申請手続きは、実際に葬儀を執り行った人、つまり喪主を務めた人が行わなければなりません。

葬儀を行った日から2年以内に、個人の住所があった市の市役所の国民健康保険課へ必要書類を提出します。

市役所へ行くと「国民健康保険葬祭費支給申請書」がありますので、それに必要事項を記入し、国民健康保険証や印鑑などを添えて提出します。

自治体によっては葬儀費用の領収書や死亡診断書が必要となるところもありますので、あらかじめ調べてから申請すると良いでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続の準備として、いろいろな企業が主催する相談会・勉強会に出席していましたが、こちらの本当に聞きたい事への回答がどうも曖昧でした。 貴社を訪問し、近岡課長様に名義預金、贈与について明快な回答をいただき、すぐに「チェスター相続クラブ」に入会致しました。 […]

不足資料、わかりにくい資料が多くあるため大変だったと思います。親切に作業していただきありがとうございました。大変満足しております。また、何か有りました時は、宜しくお願い致します。

相続があまりに大変ということで依頼しました。スムーズに事が運び、兄妹とも喜んでいます。また勤務している新橋にも近く、夜まで受付けているので時間ムダに使わないですみました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る