相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

共有者に相続人がいない場合について

共有者に相続人がいない場合について

不動産などを共有している場合で、共有者の一人が相続人のいない状態で死亡した場合、その所有権はどうなるのでしょうか。

この場合、いくつかの段階が踏まれます。

まず、利害関係者・検察官などが相続財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立てます。

この申立を受けると裁判所は相続財産管理人が選任されたことを2か月間公告し、相続人が名乗り出るのを待ちます。

この期間に誰も名乗り出ないと、今度は債権者や受遺者に対して請求するよう2か月間公告します。

これでも相続人が名乗り出なかった場合には、相続管理人や検察の請求によって、6か月以上の期間を決めて「相続権の主張」を催告します。

この期間に相続人が現れなかった場合に「相続人不存在」が確定します。

するとここから3か月間、「特別縁故者」からの申し立てを受け付けます。

特別縁故者とは、内縁の妻や療養看護を行った知人・親戚などです。

これらの者に財産分与が行われてもなお残余財産が有り、その中に被相続人との共有財産が有れば、民法第255条「共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がいないときは、その持分は、他の共有者に帰属する。」に従って、共有者のものとなります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

しっかり、淀みなく話しをして頂いた。他で話した時は、あやふやにしたり口調が横柄になる所もあったが、担当の方々には無かった。 金額も最初に出てきて安心できた。

初めてお出会いしましたが、きめ細かく常に親切に接していただいたところです。 相続税については全く知識がなく、幾分か戸惑いもありこの資料が必要か否か 何が資料として必要かなどわからないことばかりでしたが、わかりやすく、 依頼者の立場に立って業務を遂行し […]

・不動産の売却も同時にお願いできたので、よかったです。 ・小さな疑問にも丁寧に説明していただきました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る