相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

共有者に相続人がいない場合について

共有者に相続人がいない場合について

共有者に相続人がいない場合について

不動産などを共有している場合で、共有者の一人が相続人のいない状態で死亡した場合、その所有権はどうなるのでしょうか。

この場合、いくつかの段階が踏まれます。

まず、利害関係者・検察官などが相続財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立てます。

この申立を受けると裁判所は相続財産管理人が選任されたことを2か月間公告し、相続人が名乗り出るのを待ちます。

この期間に誰も名乗り出ないと、今度は債権者や受遺者に対して請求するよう2か月間公告します。

これでも相続人が名乗り出なかった場合には、相続管理人や検察の請求によって、6か月以上の期間を決めて「相続権の主張」を催告します。

この期間に相続人が現れなかった場合に「相続人不存在」が確定します。

するとここから3か月間、「特別縁故者」からの申し立てを受け付けます。

特別縁故者とは、内縁の妻や療養看護を行った知人・親戚などです。

これらの者に財産分与が行われてもなお残余財産が有り、その中に被相続人との共有財産が有れば、民法第255条「共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がいないときは、その持分は、他の共有者に帰属する。」に従って、共有者のものとなります。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る