相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

遺留分減殺で不動産を取得した場合

遺留分減殺で不動産を取得した場合

民法は、相続人が相続できる財産を一定の割合で保証しています。

これを遺留分といいます。

例えば、故人が全財産をある一人の子供に譲るとか、愛人に譲るなどという遺言をすると、他の法定相続人は生活に困ることもあるわけです。

そのような場合、他の法定相続人は、財産を譲り受けたものに対して遺留分の減殺請求を行って、民法で定められている最低限度の相続財産の譲渡を主張できるのです。

遺留分の減殺請求を受けた者は、相続財産から遺留分相当額を支払うか、不動産などで支払うことになります。

不動産によって遺留分を支払う場合、遺留減殺請求をした相続人に名義変更をするには、減殺請求を受けた相続人が登記申請の義務者、請求をした人が登記申請の権利者となって所有権移転登記を行います。

この減殺請求によって取得した不動産は、一定範囲の法定相続人が相続分として遺留されて物を相続するわけですから、これに関して不動産取得税や贈与税はかかりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

たくさんの案件をかかえていらっしゃる中、古い株価の評価にお時間さいていただき、恐縮です。 いつもお忙しそうな~でしたが、フォローも有りで、ぎりぎり、間に合いほんとうに、お世話になりました。

・全体的なプロセスに対するきちんとした説明 ・相手の要望を確認した上でのプロセス ・eメールでの応答の適切さと早さ 対応に満足しております。ありがとうございました。

しっかり、淀みなく話しをして頂いた。他で話した時は、あやふやにしたり口調が横柄になる所もあったが、担当の方々には無かった。 金額も最初に出てきて安心できた。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る