相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺留分減殺で不動産を取得した場合

遺留分減殺で不動産を取得した場合

民法は、相続人が相続できる財産を一定の割合で保証しています。

これを遺留分といいます。

例えば、故人が全財産をある一人の子供に譲るとか、愛人に譲るなどという遺言をすると、他の法定相続人は生活に困ることもあるわけです。

そのような場合、他の法定相続人は、財産を譲り受けたものに対して遺留分の減殺請求を行って、民法で定められている最低限度の相続財産の譲渡を主張できるのです。

遺留分の減殺請求を受けた者は、相続財産から遺留分相当額を支払うか、不動産などで支払うことになります。

不動産によって遺留分を支払う場合、遺留減殺請求をした相続人に名義変更をするには、減殺請求を受けた相続人が登記申請の義務者、請求をした人が登記申請の権利者となって所有権移転登記を行います。

この減殺請求によって取得した不動産は、一定範囲の法定相続人が相続分として遺留されて物を相続するわけですから、これに関して不動産取得税や贈与税はかかりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続について何もわからず、苦労して”準確定申告”を自力で行い、相続申告について途方に暮れていた時、チェスター様のサイトを知り、これは任せるしかないと思いました。 収集した書類をお渡し、あとは、メールでやりとりすることでスムーズな申告ができました。もっ […]

私の不在が多く、お手数と時間が掛ってしまいましたが最終的な手続きが出来る所まで来ました。 ありがとうございました。

担当の伊藤様には大変お世話になりました。 一連の手続きを自身で行うことを考えると気が遠くなりそうです。 やはりプロにお任せするのが一番だと改めて感じました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る