相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

建替中における小規模宅地の特例の適用可否

建替中における小規模宅地の特例の適用可否

相続した土地の建物や構築物が建替中の場合には、小規模宅地の減税の特例は受けられるのでしょうか。

そもそも小規模宅地の減税特例の適用を受けるためには、相続したその土地が、相続発生直前に被相続人かまたは被相続人と生計を一にしていた被相続人の親族の事業用か居住用として、建物や構築物のために使われていなければなりません。

また、この他にも申告時までに遺産分割が終わっていることなどさまざまな条件があり、それをクリアしていないと特例を受けることはできません。

これについては租税特別措置法の69条の4で述べられていますので、詳しく知りたい方は参照してみてください。

被相続人が建て替えをしている間に亡くなってしまい、居住することができなかった場合でも、そこに住むための準備の状態などから判断して、住居用として建てていることが明らかであった場合には、小規模宅地等の減額の特例を受けられることになっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

このたびは大変お世話になりありがとうございました。 親切丁寧な対応、分かりやすい説明など感謝します。 又、機会があれば、御相談させて頂く事もあるかと思います。 本当にありがとうございました。

⑴当方の作業に関して的確な指示をいただいたことと、疑問点に関して迅速に回答していただいたことが良かった。 ⑵母の名義株式・名義預金に関する問題点を解決していただいたことと、不動産の評価に関して詳細な調査をしていただいたことが良かった。 ⑶相続税の申告 […]

訪問後、最初に遺産相続の全般的な説明がありました。説明が丁寧でわかり易くとても好感が持てました。 私どもにとって全く未知なことで、不安でいっぱいでしたが、思いつきの相談やお願いにも、気軽にわかり易く説明いただき安心してお任せすることができました。 そ […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る