相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

建替中における小規模宅地の特例の適用可否

建替中における小規模宅地の特例の適用可否

建替中における小規模宅地の特例の適用可否

相続した土地の建物や構築物が建替中の場合には、小規模宅地の減税の特例は受けられるのでしょうか。

そもそも小規模宅地の減税特例の適用を受けるためには、相続したその土地が、相続発生直前に被相続人かまたは被相続人と生計を一にしていた被相続人の親族の事業用か居住用として、建物や構築物のために使われていなければなりません。

また、この他にも申告時までに遺産分割が終わっていることなどさまざまな条件があり、それをクリアしていないと特例を受けることはできません。

これについては租税特別措置法の69条の4で述べられていますので、詳しく知りたい方は参照してみてください。

被相続人が建て替えをしている間に亡くなってしまい、居住することができなかった場合でも、そこに住むための準備の状態などから判断して、住居用として建てていることが明らかであった場合には、小規模宅地等の減額の特例を受けられることになっています。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る