相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

負担付贈与とは

負担付贈与とは

負担付贈与とは、贈与の代わりに債務の弁済をすることを条件とするなど、ある物を贈与する代わりに受贈者にも一定の負担をさせる贈与のことです。

例えば、3億円の土地を贈与するかわりに借入金1億円を負担させる場合などです。
その為課税の対象となります。

個人から負担付贈与を受けた場合は、贈与財産の価額から負担額を控除した価額になります。

その場合、贈与されたものによって変わります。

(1)贈与された財産が土地や借地権、建物である場合には、贈与の時の通常取引額から負担額を控除した額が課税の対象ということになります。

(2)贈与したものがそれ以外の場合、その財産の相続税評価額から負担額を控除した価格に贈与税がかかります。

土地とマイホームを贈与する代わりに残っている住宅ローンを払う契約をする、自分の死亡後、今飼っているペットの世話を引き継ぎ世話をするなどが負担付贈与に相当し、その負担は多岐に渡ります。

負担付贈与により財産の贈与を受けた場合は、贈与を受けた財産額からその債務額を控除した金額を贈与税の課税財産として申告することになります。

贈与財産額からその負担財産額を引き、さらに基礎控除にあたる110万円を引いた額に贈与税率を掛けたものが贈与税となります。

贈与人が死亡した場合の負担付死因贈与を行う際は、その金銭というよりも託した任務が遂行されるかどうかが重要ですので、生前必ず契約書を作成し、受贈人が契約書に書かれたことを遂行してくれているかどうかを監督してくれる「死因贈与執行者」を任命し、契約書に記載しておくことが重要となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

(1)とても分かり易く説明していただきました。 (2)相続人三人が中々揃う日が無かったのですが、御遠方から何度も来ていただいて助かりました。 (3)電話でも高齢の私に丁寧に応対して下さいました。これからも何か困る事ができましたら、相談させていただきた […]

何もわからない私たちに丁寧に種々のことを教えて下さり、アドバイズをしていただきました。 かなり手間のかかることや、イレギュラーなことも発生しましたが、迅速に対応いただき、心より感謝いたします。ありがとうございました。

安心してたのめました。丁寧な対応ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る