相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

課せられた贈与税とは

課せられた贈与税とは

課せられた贈与税とは

被相続人が亡くなり、法定相続人がその財産を相続する際、相続が開始した日から3年まで遡り、被相続人から贈与された財産に対しても相続税を課されることになります。

しかし相続税と贈与税を二重に納税することを防ぐため、既に課せられた贈与税はその相続税から差し引かれます。

課せられた贈与税とは納付未納付に関わらず相続開始前3年以内の贈与財産に対して課されるべき贈与税のことを指します。

贈与税控除額110万円以下の贈与財産も相続財産に加算されます。

贈与者が65歳以上であり受贈者が20歳以上の推定相続人である場合には相続時精算課税制度を選択することも出来ます。

この場合の贈与税額は贈与財産価格の合計額から特別控除分の2,500万円を引いたものに20%乗じたものになります。

贈与人、すなわち被相続人が亡くなり相続が発生した場合、贈与財産と相続財産を合算して相続税は算出されますが、既に課せられた贈与税については相続税から控除されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

とてもていねいで親切なご対応に感謝しております。 スピーディで的確なお仕事に感銘致しました。 本当にお世話になりました。心から御礼申し上げます。

初めての相続で分からないことだらけだったのですが、こちらからの質問に対して、すぐに分かりやすい回答をもらえるのでとても好感が持てました。 相続後のことについても相続に乗って頂き、有り難かったです。

昨年は、義母に続いて実父の相続もしていただきました。 両方とも専門知識の豊富さに、脱帽いたしました。(特に義母に関しては素晴らしかったです) 私の相続のときもよろしくお願いします。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る