相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続時精算課税制度とは?メリット・デメリット

相続時精算課税制度とは?メリット・デメリット

1.相続時精算課税制度の概要

相続時精算課税制度、難しそうな名前ですが、制度そのものは簡単で、60歳以上の祖父母・両親から、20歳以上の子や孫へ贈与をする際に、一時的に2500万円まで無税で財産を贈与できるという制度です。

ポイントは、「一時的に無税で」という点です。

年間110万円以上の贈与を行うと贈与税がかかる中で、2500万円まで贈与税が無税と聞くと大きな非課税特例に見えますが、そんなに甘くはなく、「相続時精算課税」という名の通り、財産を贈与した人に相続が発生した場合、相続税申告の対象に含めて申告しなければなりません。

つまり現金2500万円を相続時精算課税制度で贈与しても、亡くなった時に、2500万円を戻して相続税の計算をしなければならないのです。

それではこの特例を適用するメリットはどこにあるのでしょうか?

2.相続時精算課税制度のメリット

(A)相続税が関係ない人がよく使います
この特例は、相続税が関係ない人の利用が多い特例です。

例えば子供がマイホームを購入する際に頭金2500万円を何の特例も利用せずに贈与してしまうと、1000万円程度の贈与税がかかってしまいますが、相続時精算課税制度を使うと無税です。

そしてそもそも相続税の基礎控除以下の財産しかない場合には、相続発生時に持ち戻しても相続税がゼロであるため、税負担が生じません。

(B)値上がりしそうな財産を渡しておくことで節税
この特例の特徴の一つとして、相続時に持ち戻すけれども、「贈与時点の時価」で持ち戻す点がポイントです。

例えば、贈与時に500万円の有価証券が相続時に1000万円に増えていたとしても、500万円で評価できるため、相続税が有利になります。

また中小企業の事業承継対策で、一時的に自社株の価値を引き下げてから相続時精算課税制度を使って贈与を行い、価値の上昇分を節税するという方法もあります。

(C)収益不動産を子に贈与する
相続時精算課税制度を使い、収益不動産の建物を子に贈与することで、親に賃料収入が蓄積されず、子供に貯まっていきますので、中長期的な相続税対策になります。

また親の所得が高い場合には、子に所得移転することで所得税の対策になることもあります。

3.相続時精算課税制度のデメリット

(A)110万円非課税の贈与が使えなくなります
これが一番のデメリットです。

毎年110万円の贈与が非課税になる暦年贈与を使うことができなくなります。

(B)税務署へ申告が必要
相続時精算課税制度を適用する際には税務署へ申告が必要で、2500万円を超える部分については一律で20%の贈与税がかかります。

この支払った贈与税は相続税の際に控除されますが、直接の相続税の節税にはなりません。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

4月に父を亡くし、落ち着きを取り戻した8月初旬にインターネットで拝見し、アポイントを取り面談、その場で正式依頼しました。具体的にやる事を明確にしていただき(資料収集)、9月中旬に資料を持って打合せ、その後もメールで数回やり取りをさせてもらい、当初計画 […]

きわめて良心的かつ誠実に手続きを行って頂き、かつ費用も比較的安く、感謝しております。 機会があればまたお願いしたいものです。

相続の知識が全くなかった私共にもかかわらず、ていねいにご指導頂き、本当に有り難うございました。 又、5年間もの金銭の出し入れが必要な事等良い勉強になりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る