相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

換価分割と贈与税

換価分割と贈与税

換価分割と贈与税

相続による遺産の分配方法は、現物分割、換価分割、代償分割の3つがありますが、いずれも法定相続人による遺産分割協議によって決められます。

現物分割とはAには不動産を、Bには預貯金を、といったように財産を現物で割り振る方法、換価分割とは不動産など売却しその現金を分配する方法、代償分割とは法定相続人の一人に遺産を集中的に相続させ、その一人から他の相続人に対して対価を支払う方法です。

遺産のうち不動産を分配する場合、一般にその不動産を売却する予定がある場合は換価分割、売却する予定がない場合は代償分割が相続税対策に効果的とされています。

換価分割では不動産売却の際、一度相続人の一人に名義を変え、その後売却されることがあります。

原則として対価が支払われず名義を変更した場合には贈与とみなされ贈与税が課税されますが、換価分割のための名義変更は便宜上のものとされ、売却後その換価代金が分配される場合においては贈与税が課税されることはありません。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る