相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

被相続人の住民票

被相続人の住民票

住民票は被相続人が亡くなり次第除票となりますが、相続手続きに必要なことがあるので取り寄せなければならないケースもあります。

まず被相続人が債務超過に陥っていたりなどして相続人が相続放棄をする場合の提出書類に被相続人の住民票が含まれています。

また、相続登記を申請する場合、被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍謄本と住民票の除票が必要です。

登記簿には被相続人の名前、住所が記載されていますが、戸籍謄本には住所の記載がありませんので、被相続人と登記簿上の者が同一であることを証明するために住民票の除票が必要となります。

引越しなどにより住所が変わり、登記簿上の住所と死亡時の住所が一致しない場合、戸籍の附票などを添付して住所の変遷を証明しなければなりません。

死亡した人の住民票の除票は、被相続人が最後に住んでいた地の役所で発行してもらうことになりますが、相続手続きに必要なので被相続人の死亡記載のある住民票が必要だ、と伝えれば簡単に手に入れることが出来ます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続手続きがはじめてであったこと。急な相続手続で財産の把握ができていなかったこと。複数の固定資産がある中対応していただいたこと心より感謝しております。

親切ていねいに対応していただき大変助かりました。

当初、2社で迷っていましたが、ただでさえ落ちこんだ気持でしたので、今後かかわっていく際、 チェスターさんの方が、こちらの立場に協力的で親身になっていただけそうな印象を受けお願いすることにしました。 実際メールや電話にて、問い合わせをした際、対応がすば […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る